その他

介護サービスの提供と利用のあり方(2017-2-22)

内閣府の諮問会議である規制改革推進会議で、21日に開催された「公開ディスカッション」の傍聴をしてきた。議題は介護サービスの提供と利用のあり方について。大田弘子議長のもと、規制改革担当の山本幸三大臣、松本洋平副大臣、務台俊介政務官が出席し、配布された資料の説明の後、5人の委員からの質問に厚生労働省の担当審議官・課長が8人の委員からの質問に答えるものであった。
配布された資料は介護サービス全般の課題をまとめたもので、読み込めばすべての課題が見えてくると思われるほど広汎かつ詳細に記されている。前半と後半、合わせて3時間の限られた時間の中での説明は、それぞれのポイントになる部分に限られた。
保険給付と保険外サービスの柔軟な組み合わせのガイドラインを国が作るかどうか、ということになるようだ。実施主体である各自治体の多様性に応じて検討をまかせることでよいのか、という議論の中で、国としての発案をお願いしたい、ということがこの会議での結論となった。

配布資料はここからダウンロードできる。
http://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/suishin/meeting/discussion/170221/agenda.html

また、介護サービス情報公表制度について認知度・利用度が少ないとの評価で、これを民間に任せてもよいのではないかとの意見も出た。
http://www.kaigokensaku.jp/13/index.php

介護サービスについては直面しないとわかりにくいものではあるが、誰にも「介護は突然やってくる」課題であり、その知識をもっておきたいものである。

| | コメント (1)
|

ワイドショーの題材となった都議会(2016-10-4)

これまで取り上げられることが少なかった東京都と都議会が連日ワイドショーで取り上げられ、スポーツでも紙面を賑わせている。豊洲市場や五輪会場の問題点を大きく示し、悪役付きのショーとなっている。視聴率が上げるためなのか、ともすると必要以上に刺激的な構成ともなる。

一方、豊洲市場や五輪会場が現在これほどの問題になっていることの責任の一旦が都庁の記者クラブにあることの指摘は余りない。都庁の記者クラブは、これまでこうした問題に気づいていても記事にならないと考えていたのか。いずれにしても、自らの過去を振り返ることができるかどうかである。

知事が代わったことで実現しているのは情報公開。都知事選のときからインターネットを駆使していたことからも、その特性を生かした情報公開を都庁のホームページで早々としていることに注目したい。

たとえば東京都は豊洲市場地下空間設置の自己検証報告書を公開した。
http://www.shijou.metro.tokyo.jp/toyosu/siryou/team/
これをベースにメディアは組織的な調査報道ができるかどうか。議会の各会派はそれぞれどのような見解を出すのか。一般都民はお手並み拝見と同時に、来年6月の都議会議員選挙で誰に投票するのかということになる。

| | コメント (0)
|

マスメディアの自己規制を知る(2016-9-13)

『報道の自己規制』と題する本が先月刊行された。著者の上出義樹氏は報道の現場に45年いて、現在も記者会見で質問するフリーのジャーナリスト。同時に今年3月には上智大学で新聞学の博士号を取得した研究者でもある。その経験に裏付けられた本書は、マスメディア企業人の立場が、本来のジャーナリストとは違う行動に、必ずしもその意識なしに向かわせていることを指摘する。

報道の姿勢を批判する論考は多いが、それが企業人・組織人であることにより報道を自己規制している実態に触れている文献はほとんど見られないらしい。

特に「自己規制と記者たちの認識(第7章)」「自己規制の朝日新聞モデル(第8章)」はマスメディアの担い手たちの意識を直接調査した貴重なデータといえるのだろう。そこからはさまざまなことが読み取れるはず。

たとえば、「ジャーナリズムに影響を与える社会的要因」については、「日常生活へのインターネット普及」が57.7%の記者が「大きな影響あり」と答えてトップ。また、「ジャーナリズムが果たすべき役割」として「とても重要」がトップになったのが「政治指導者を監視・調査する」であった。

今、ニュースの焦点になっている蓮舫氏の二重国籍問題は「政治指導者を監視・調査する」ジャーナリズムの役割をインターネットのソーシャルメディアが担ったことから始まったものであり、豊洲市場の問題も、新聞・テレビよりインターネットでの議論が先行している。

取材先と親密になり、自己規制の上に成り立つ日本的な仕組みの中にある既存メディアが、インターネットメディアの台頭によりこれからどうなるのかについては、本書での考察の対象外である。「編集権」と「内部的自由」の議論が、自己規制の克服に向けた第一歩になるのかも知れない、と本書では結んでいるが、インターネットメディアでは自己規制のない議論が行われていることも事実だろう。

いずれにせよ、まずマスメディアの自己規制の現実を具体的に知っていることは有益である。個別報道についてのメディア批判をする前に、本書を読んでおくと役立つに違いない。

| | コメント (0)
|

地元議員の発信がおもしろい(2016-8-29)

都知事選で政党推薦の候補者の応援をした議員の数は、自民(13)・公明(6)と区議19人に都議3人(自民2・公明1)が加わり合計で22人。共産(5)・民主(3)が8人であった。
自民・公明の議員が推薦した増田候補の得票数は35553票で、応援議員一人あたりの得票数は1616票。鳥越候補の得票数が26989票で、こちらは政党所属議員8人に生活者ネットの議員が入るので応援議員一人あたり2998票であった。
これに対し、その他の議員は8人で、積極的に小池候補を応援した議員とそうでもない議員もいたとしても、議員一人あたりの得票数は7720票となる。

政党所属議員の応援に反する行動をとった選挙民が多かったということであろう。この事実を政党の指示により応援した議員がどう受け止めているのか、知りたいところであるが、無論そんなことはできないことなのだろう。

いずれにしても各政党の思惑がはずれ、小池知事が誕生した。その結果の一つとして、9月1日には都政改革本部会議が開催され、インターネットでも中継される。議会のネット中継は一般的になってきたが、行政機関の会議を中継することは異例といえるのではないか。議員だけが知り得たことを一挙に公開することになる。議員の役割が変わるきっかけになるのかもしれないし、それを不愉快に思う議員も少なくないだろう。

とはいえ、議員は変わらなくてはならないはず。議員がブログで発信するようになったのは15年ほど前から。最近はツイッターやフェイスブックで簡単に経費をかけずに選挙民にアピールできるし、支持や意見を受けることもできる。にもかかわらず、インターネットは票にならないというのがこれまでの常識のようだったのである。

それでも情報発信をこまめにしている議員が目黒区では多数派になってきた。それをチェックすると共に、インターネットを使わない(使えない)議員も、そろそろ必要性に気づくようになることを期待したい。地元議員の発信は身近に感じるし、読む価値がある。
密室での調整能力にたけた議員より、意見を公開し、ネット上で議論のできる議員が望まれるだけでなく、インターネットを使わない有権者の数は選挙ごとに減っていくのだから。

目黒区と渋谷区の議員の情報発信はこちらから。
http://www.shibuya-west.com/2_giin.html

| | コメント (0)
|

無電柱化が望まれる場所(2016-8-21)

小池新都知事の選挙公約にあった「都道の電柱ゼロ化」。新技術を使えば従来より低コストで実現できるらしい。渋谷の中心部は既に電柱がなくなっているので、周辺部でこれから無電柱化工事が期待できる場所を探してみた。

旧山手通り、山手通りはすでに無電柱となっているので、そこと交わる淡島通りは既に対象となっているはず。歩道は広いけれども、災害時に車道に電柱が倒れるリスクを考えると、警視庁の機動隊の通路でもあるだけに無電柱化を急ぐべきだろう。
Awashima

山手通りにも電柱が一部残っているが、これはどうするのか。
Yamate

都道ではないけれど、人通りが多く、歩道のない裏渋谷通り、奥渋谷通りも無電柱化が望まれる。
Urashibu

Okushibu

Bunkamuraから道玄坂上交番に向かうランブリングストリートは特に人通りが多く、そこを車が通りぬけるので電柱は危険でもある。
Rambling2

東京都内で無電柱化工事をどこから進めるのか、情報が公開されるようになることを期待したい。

| | コメント (0)
|

介護施設不足の解消とは?(2016-8-8)

介護に必要な施設も人材も足りない。とりあえず施設を増やそう、というのが今の流れのようである。高齢社会の課題は30年前から分かっていたのに、危機感が乏しかったからだろうか。今になって大騒ぎという批判もあるが、警鐘は鳴らされていたのだろう。ただ、それに対する予算措置が遅れていたことは否定できまい。

一方で、介護施設はどうあるべきか、という議論は、一部の介護の専門家以外では、ひろく論じられていないようだ。介護離職ゼロという政府方針は、介護離職が必要なければ、家族で介護をすることが望ましいという立場なのかどうか。

新しい介護施設がどのようなニーズに対応し、どの程度の負担で利用できるものなのかはこれから議論されることなのであろう。

家族を介護をする側からではなく、自分が介護される立場に置かれた場合、どのようなサービスを受けることが望ましいのか。そしてその実現のためにはどうすればよいのか、が問われるのではないか。

家族に介護してもらうのが理想なのか。その議論が深まらないまま、施設を作ればよいというわけでもないだろうし、ニーズに合わない施設がたくさんできることも考えものなのである。

まず高齢者が自立して生活できる期間を長くするにはどうすればよいか。自立が困難になったらどのような支援を受けられることが望まれるのか。そういうことを高齢者自身で考える機会が期待されているはずなのだ。

そんな勉強会をはじめて半年がたった。

| | コメント (0)
|

都知事選が終わって内閣改造もあって(2016-8-5)

小池百合子氏が圧勝した都知事選。小池百合子氏が日本会議副会長ということで極右ラベルを貼っていた向きもあるようだが、副会長といっても7人いる日本会議国会議員懇談会副会長の一人。日本会議の役員ではない。その日本会議国会議員懇談会には民進党の東京都連会長である松原仁氏も所属している。鳥越氏を擁立した中心人物の一人も同じ議員懇談会のメンバーなのだ、などというのはバカバカしいことなので指摘もされないのだろう。ちなみに自民党東京都連の会長だった石原伸晃氏はそのメンバーではないようだ。

そして小池氏が都知事になり、まず注目されたのが自民党東京都連の対応。これまで都民に関心をもたれなかった人たちが表に出てきた。新役員人事の顔ぶれがこれまでにない関心を呼ぶかもしれない。
また、東京都のホームページも今日リニューアルされ、オープンな都政という選挙公約が早くも実行に移されている。都政だけではなく、東京観光などについても関心を持たせるような構成である。
http://www.metro.tokyo.jp/index.html

国政の内閣改造では稲田防衛大臣が注目されている。初代女性防衛大臣の在任期間は55日であったが、今度は次の改造までどれだけの期間があるのか。タカ派といわれる稲田氏ではあるが、8月4日の読売新聞社の世論調査では内閣支持率55%で、歴代の内閣支持率と比べても評価されていると見るべきだろう。自民党の総裁任期は2018年9月までとなっているのを2021年まで延長しようとの動きも出ているほどで、自民党政権の安定度が増している。
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/5236a.html

タカ派と言われ続けている安倍内閣なのに、何故ここまで支持されているのかの分析を踏まえた批判が目に付かない。批判する立場の独り言をでていないようなのだ。都知事選での鳥越候補の得票率が20.6%で、同じ月に行われた参議院選挙の東京選挙区での日本共産党の得票率が10.7%であったことが何を意味するのか。与党対野党ではなく、与党内部での意見の違いに関心が持たれてもよいかもしれないが、それでは対立の構図が作れないのか。

そんな中での内閣改造。山本(公)一、(有)二、(幸)三の三大臣がそろったのは、偶然にしてはおもしろすぎる。

文部科学省の大臣の退任にあたっては、前川喜平事務次官から『仰ぐ空 名残惜しくも 蝉の声』の句があり、馳浩大臣は『八日目の 蝉となるとも 文科省』と返した。これまで、こうしたやりとりがどれだけあったか知らないが、広く知られ、記憶にとどめておきたいものである。

| | コメント (0)
|

8月のライブ公演(2016-8-2)

Bunkamura、サラヴァ東京、ユーロライブで8月にある公演。

オーチャードホール

8月3日~8月7日 エトワール・ガラ2016

8月10・11日 エリック・セラ LIVE in JAPAN

8月12・13日 GRANDBLUE FANTASY ORCHESTRA

8月19日~9月7日 MUSICAL「IN THE HEIGHTS」


シアターコクーン

8月6日~29日 ビニールの城


サラヴァ東京

8月5日 ASAMOTO Gathering Vol.2

8月6日【リンディーホップダンスイベント】 SWING JACK! Vol.154

8月7日『バルカン meets ほにゃらら Vol.2』 ~バルカン×ニューオーリンズの白熱バトル~

8月8日『青い部屋』月曜シャンソンコンサートin SARAVAH東京

8月10日 【SOLD OUT】ROLLY's ROCK喫茶

8月11日 めちゃ×2 山の日ッ!

8月13日 大人ディスコあけみ Vol.10 Je T'aime a la Folie 〜狂っちゃうほど愛してる♪

8月14日 trio Flanova presents マリンバナイト vol.3

8月15日『青い部屋』月曜シャンソンコンサートin SARAVAH東京

8月17日 黒色すみれ 単独演奏会「天氣輪の星祭り」

8月18日 セクシー大サーカス in 東京 vol.48

8月19日 ヌリッティヤ・ヴァンダン

8月20日 キャバレー!キャバレー!キャバレー!

8月21日 田中茉裕 自主企画 シンガポールマッカートニー vol.3!!!

8月22日『青い部屋』月曜シャンソンコンサートin SARAVAH東京

8月25日 ラヴァMUSIC倶楽部 VOL.2

8月26日 REMAH Presents「gallery R」- 感触の展示会 -

8月27日【SOLD OUT】戸川純 avec おおくぼけい

8月28日【昼の部】鍵盤ハーモニカ フェスティバル TOKYO

【夜の部/ダンスワークショップ&ライブ】

8月29日『青い部屋』月曜シャンソンコンサートin SARAVAH東京

8月30日 ガールズダンスコレクション


ユーロライブ

8月12日(金)
「ふたりらくご」 雷門音助 三遊亭遊雀
「渋谷らくご」 柳亭市童 柳亭小痴楽 入船亭扇里 隅田川馬石

8月13日(土)
「渋谷らくご」 桂伸三 神田松之丞(講談) 立川左談次 春風亭柳朝
「しゃべっちゃいなよ」 立川談吉 昔昔亭A太郎 笑福亭羽光 瀧川鯉八 林家彦いち

8月14日(日)
「渋谷らくご」 瀧川鯉斗 柳家緑太 玉川太福(浪曲) 橘家圓太郎
「渋谷らくご」 入船亭小辰 春風亭昇々 古今亭志ん八 古今亭菊之丞

8月15日(月)
「ふたりらくご」 春風亭百栄 立川志ら乃
「渋谷らくご」 立川吉笑 柳家ろべえ 春風亭一之輔 柳家わさび

8月16日(火)
「ふたりらくご」 玉川奈々福(浪曲) 橘家文左衛門
「渋谷らくご」 立川こしら 神田松之丞(講談) 桂三木男 入船亭扇辰

8月27日(土)~29日(日)
渋谷コントセンター月例公演

| | コメント (0)
|

都知事選の市区町村別得票差と各政党のコメント(2016-8-1)

昨日の都知事選挙、政党の支援のない小池氏の圧勝に終わったが、地域別の得票数が選挙活動を手伝った各市区会議員は気になるところ。ほとんどの東京都内の議員は動員され、暑い中がんばったのに、選挙民は政党の投票依頼に反した行動をとった。議員にしてみれば報われない結果に終わったのである。あれが悪かった、これが悪かったと各政党組織内での不満がくすぶる中、責任問題がどのように扱われるのか、各政党の信頼にかかわることになるのだろう。

目黒区では、小池氏61,276票(45.6%)、増田氏35,553票(26.2%)、鳥越氏26,989票(19.9%)であった。ちなみに東京都全体の得票率では小池氏44.4%、増田氏27.3%、鳥越氏20.5%で、全体と比べ、政党が推薦する候補者の得票比率が少なかったという結果となっている。

小池氏は、檜原村と大島、利島、新島、神津島、三宅島、御蔵島で、わずかの差で増田氏にトップを譲ったが、他の市区町村では圧勝。これに対し鳥越氏はすべての市区町村で3位であったが、武蔵野市、小金井市、国立市、清瀬市では2位の増田氏との得票率の差が2%以内に迫っていた。
政党が支援するということは、政党の所属議員が選挙活動をするということ。政党組織人ではない選挙民にとっては、政党支援はどうでもよいということが分かった選挙だったのではないだろうか。

この結果についての各政党からコメントをみた。

公明党
東京都本部の高木陽介代表(衆院議員)は、「増田氏の政策と展望を有権者に問うたが、必ずしも十分にご理解をいただけなかった。残念な結果となったが、心よりのご支持をいただいた都民の皆さま、党員、支持者の皆さまに感謝と御礼を申し上げます」との談話を発表した。(WEB版 公明新聞)

日本共産党
鳥越俊太郎さんは勝利できませんでしたが、大健闘されました。ご支援いただいた都民のみなさん、市民と野党の共闘のために尽力されたすべての関係者のみなさんに心から敬意を表します。(中略)
日本共産党は、今後とも、鳥越俊太郎さん勝利のためにたたかった多くの市民、政党のみなさんと力を合わせて、鳥越さんの公約、政策を実現するために力を尽くす決意です。(WEB版 しんぶん赤旗)

社民党
課題が多岐にわたり争点が分散し、短期決戦や保守分裂選挙の中で政策論争は深まらず、イメージ・知名度先行型の選挙となった。また期間中、鳥越候補に対する週刊誌の悪辣なネガティブキャンペーンが行われ、弁護団が事実無根の選挙妨害であるとして告訴に至ったが、これが、出馬表明の遅れと合わせ選挙戦に与えた影響も少なくない。(社民党ホームページ)

生活の党
このたびの東京都知事選の結果については、都政の刷新を求める民意をうまく鳥越俊太郎候補に集約をすることができなかったことが大きかったと考えている。
 ただその中でも、参議院選挙で構築された4党共闘の枠組みで闘えたことは大きな意義があったのではないだろうか。
 引き続きしっかりと連携をとって、政権に対峙していきたい。なお、新都知事には、利権打破を訴えた公約通りの都政にのぞむことを期待するものである。(生活の党ホームページ)

自民党、民進党のホームページでは上記のようなコメントは1日午後5時時点では見られない。

ちなみに支援等の関係がなかったおおさか維新は、松井代表がツイッターで以下のメッセージを送っている。
「小池さん、都知事就任おめでとうございます。メディアインタビューでも議会との関係を尋ねられ、議会も都民の民意で選ばれている方々なので、「連携して行きたい」と百点満点の大人答弁、大阪で既得権益議会(自共民連合)と戦い続けている我々とは一味違いますね。」

| | コメント (0)
|

都知事選が終盤戦に(2016-7-24)

東京都知事選は終盤に入った。インターネットでの書き込みを見る限りは、小池候補の人気があるようだが、増田候補、鳥越候補、共に組織固めに入っている。増田候補や鳥越候補個人については多少気に入らなくても、組織が推薦するなら、それに従おうと思う人は少なくないだろう。

それが小池氏の場合は個人への期待だけが頼り。いくら街頭演説会に多くの聴衆が集まっても、個人人気に最期まで頼れるかどうか。組織を重視する人の方が多そうだし、政権批判票は鳥越氏か他の候補、ないしは棄権ということになるのだろうか。

今日は小池氏の街頭演説が渋谷109前であったが、応援演説は若狭勝衆議院議員(自民党)と熊本県議会議員の二人だけで、小池氏自身のスピーチでは、防衛大臣の経験から災害やテロへの対応、乳児用液体ミルクの普及といった細かいところまでの配慮ができるとのアピールがあった。

電話調査では小池氏、増田氏を鳥越氏が追う形のようだが、これから1週間、スキャンダル報道もあるようだし予断を許さない。

何故その候補者に一票を投ずるのか。「支持する政党推薦だから」「人柄がよさそう」「安倍政権を支持しないから」「東京を改革してほしい」「手腕に期待できる」「見た目がいい」などさまざまであってよい。自分の立場を一票に託し、それが多数派であったかどうかを確認することになるのだろう。例え間違った判断でも、結果的に死に票でも、判断をしないよりはましだと考えよう。白票も判断の一つであるが、期日前投票もできるし、棄権は判断の放棄にすぎない。


160724


| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧