地域社会

目黒区高齢者運動会 (18-10-17)

今年で第80回という目黒区高齢者運動会が目黒区田道広場公園で開催された。毎年1回の開催だと1939年、昭和14年からということになるのだが、春秋2回開催されていた時期もあるそうなので。いつからということはすぐにはわからない。戦前からあったとすれば、戦時中など開催されなかった年もあるだろうし。

主催は目黒区老人クラブ連合会で、目黒区が協力という形になっている。共催ではない。
この種のイベントによくある来賓もなく、プログラムにあった区長挨拶も、開会前に顔を出したというもの。警察署から特殊詐欺への注意喚起があり、会場を回っていた。

目黒区には40の老人クラブがあり、そのうちの35クラブが運動会に参加した。青・黄・白・赤の4チームをそれぞれ8~9のクラブから編成し、7種目で得点を競うというものである。参加者はそれぞれのチームごとに延べ264名。参加者は2回か3回競技に出場するため、全体で4~5百名の参加というところだろうか。家族などの応援は見られなかった。

競技種目は、輪投げリレー、グラウンドゴルフボール送り、順送球、大玉転がし、ボビン転がし、ラケットボール送り、紅白玉入れの7つ。午前10時から午後3時30分までの長時間、70代を中心とする高齢者が、グランドで応援、出番待ち、競技出場という形で時間を過ごすことになる。最高齢はわかっているだけでも91歳の男性が参加している。

高齢者運動会と聞いただけで、危ないと思う人も少なくあるまい。看護師2名が待機しての開催である。とはいえ、生活する上で高齢者ゆえのリスクは多い。競技に参加できるのであれば、参加したことにより危険度がそれほど増すとも思えない。走れば転ぶこともあるかもしれないが、走る機会があってもよいのではないか。そうすることで転倒予防になるかもしれない。

いずれにせよ、この運動会に参加できる高齢者は、健康には恵まれているといえる。

開会式
181017_1

輪投げリレー
181017_2

グラウンドボール送り
181017_3

順送球
181017_4

大玉転がし
181017_5


| | コメント (0)
|

終活を考える場所 (18-8-29)

毎月開催している高齢社会勉強会、今月は昨日28日がその日だった。準備したテーマは「終活」といわれるものにどんなことがあるかということであった。
その会に参加したメンバーの一人が、朝日新聞の天声人語のコピーを配布した。8月28日付のコラムで、矢部太郎著『大家さんと僕』の書評なのであるが、おあつらえむきに、会の話題そのものの内容となっていたのである。

その最後の2節を転記する。▼厚生労働省の調査によると、死の間際に望む医療についてだれかと話し合った人は4割に満たない。自らの死を大っぴらに語ることへのためらいが、私たちにはなお根強いようだ▼作品から感じるのは、肩ひじの張らない終活もあるということ。訪ねたい場所、片づけたい品々――。胸の奥にある望みを、信じて話せる相手がいれば、人生の幕は意外と滑らかに閉じられる。そんな気がした。

「自らの死を大っぴらに語ることへのためらい」「胸の奥にある望みを、信じて話せる相手」ということだけでも大きなテーマになる。繰り返し話し合うことのできる場が必要だろう。
相手がいないと、人生の幕は滑らかに閉じることは難しい、ということにならないように。

| | コメント (0)
|

ケアタウン小平に学ぶ(18-8-11)

小平市に出かけて「ケアタウン小平」のことを知った。小金井公園の西南部に接して立地し、デイサービスセンター、訪問看護ステーション、ケアマネジメントセンターの機能に加え、心理相談、子育て支援、豊かな庭づくり、文化スポーツクラブ、地域ボランティア育成、セミナー等企画運営を行っている。
http://caretownkodaira.net/npo/index.html

「ケアタウン小平」は「在宅ホスピス」ということで、在宅のまま人生の最後を迎えることができるような体制づくりをしているのである。ケアタウン小平クリニック院長の山崎章郎医師の最近の著書『「在宅ホスピス」という仕組み』にその詳細がある。

特に注目したいのは地域ボランティアの育成である。ホームページにはそのことについて以下のように書かれている。

「その人らしさを支える」には、専門スタッフだけでは支えられません。ホスピスケアの理念のもと制度の限界を越え、「社会の風」をケアの場面に吹き込んでくれるボランティアの力が必要です。
また、ボランティア活動を通じた様々な気づき、ボランティア同士のつながり、 利用者や入居者とのつながりなど「ケアを通じた地域づくり」 にもつながっています。「自分がケアを必要とした時、安心をもって支えを得られる地域」を目指していきます。

目黒区では、地域の支え合いネットワークの構築を北部、東部、西部、中央、南部の5地区ごとに実施することを目指している。その具体的イメージをケアタウン小平に求めてはどうだろうか。ボランティア活動を活発にするための組織化も必要であろう。

| | コメント (0)
|

パソコンの故障に備えることから(18-7-20)

パソコンやプリンターは一般の家電製品と同様に壊れるものである。どこが壊れるかによって被害の度合いはさまざまなのだが、その覚悟はしておかなくてはならない。

パソコンが壊れると、まず蓄積されていたデータが失われる。その対策として、これまで、外付けのハードディスクやUSBメモリーにバックアップを取っていたのだが、最近はクラウドといって、インターネット上のサーバーに保存することで回避できるようになっている。マイクロソフトのOne DriveやGoogleクラウドの利用が便利である。これらを利用することで、バックアップの手間が不要になっている。

メールもGmailなどWEB画面で閲覧していれば被害はほとんどないが、PC上のメールソフトからの接続は以前と比較して難しくなったようだ。セキュリティーの問題からなのだろう。もちろんパソコンにあったメールデータはなくなる。
Windowsも新しくなるほど複雑になっているし、Wifiとの接続も必要なことが多いので大変なのである。

故障リスクの大規模なものは、大規模災害がもたらす住居やインフラ破壊による日常生活への影響だろう。これについては、地域で行われている防災訓練や避難所運営訓練などで、被災のイメージを身に着けておくと共に、サポート体制を知っておくことも必要である。

更に、誰もが100%逃れることのできない自分の老いと死。70歳を超えるころから、心の準備をしておいた方がよいだろう。7月24日の高齢社会勉強会は、「長生き地獄にならないために」という内容で話し合う。

いずれにしても、備えあれば憂いなし、とまではいかないにしても、備えなければ地獄を見るかもしれない。

| | コメント (0)
|

消防団の将来(2018-6-22)

消防庁のホームページによると、八代将軍吉宗が、江戸南町奉行の大岡越前守に命じ、町火消「いろは四八組」を設置させたことが今日の消防団の前身といわれているらしい。
同じ画面には、昭和4~5年から、軍部の指導により、民間防空団体として防護団が各地に結成されたとの記載もある。そして警防団として昭和14年4月1日に全国一斉に発足し、昭和22年に警防団が解消され「消防団」が組織されたと書かれている。

目黒消防団も昭和22年に創設されたもので70年もの歴史を有することになる。その前身となるのが目黒警防団なのであるが、それを全国に先駆けて組織化したのは、そのころ陸軍参謀本部に勤務していた前田利為侯爵であったと、その伝記には書かれている。

駒場と東山地区の目黒消防団第一分団は前田侯爵邸のお膝元。警防団8年、消防団70年の歴史の中には数多くのエピソードがあるのだろう。

そして21世紀の現代、人口構成は全く変わり、地域内で仕事をする人も減った。消防団の担い手となる可能性のある人の数が絶対的に減っている。とはいえ、消防団に期待される役割に変わりはないだろう。では、どうすればよいのか。

消防団はポンプ操法大会に向けての夜間の訓練(写真)で、出動時に備えている。消防士とは違い、正規の雇用関係にはない消防団員で半公務員の身分。少子高齢化、人口減少時代になってその数を維持できるのかどうか。

AIなど最新の技術を使って何ができるのかであるが、消火には今のところ放水しかなさそうな中で、それを東京という地域の特性により70年前からの体制を維持するしかないのかなど気になるところ。消防団の活動にはもっと幅広い関心がもたれてよい。


180622


| | コメント (0)
|

目黒区のコミュニティ行政(2018-5-1)

広原盛明著『日本型コミュニティ政策』は2段組464ページに索引と参考文献のページがつく大著で、地域コミュニティ政策について東京・横浜を事例にしてその政策を検証している。その第14章「目黒区のコミュニティ行政40年の結末」では、41ページにわたって目黒区の住区住民会議の成立過程からさまざまな論点まで、詳細に記している。

そしてその結論ともいえるものは、「長年の行政努力によって達成された高水準の地域環境の存在は、何にも増して目黒区民に対して満足感と愛着心を与え、確かな定住意識を育んでいることに注目しなくてはならない」のであり、「社会学者や行政当局が「あるべきコミュニティ形成」を掲げて地域住民を主導することは、越権行為以外の何物でもない」ということである。

著者は京都大学出身で京都府立大学学長の経歴もある建築学出身の学者で関西在住だから、目黒区を内側から観察しているわけではない。この本は2011年に刊行されたものではあるが、その後のことで書き加えるべきものがあるとも思われない。しかしながら、町内会や住民会議がこのまま放置されれば、住民にとって「お荷物」となってやがて消滅する日が遠くない、とする結論は当たらないように思える。

住区住民会議の成立から50年近く経過し、その枠組みをベースとして目黒区を5分割した「地区」を単位とする「支え合いネットワーク」が、これから始動する。その核には区の機関である包括支援センターと社会福祉協議会が入り、介護保険課地域支援事業推進係が事務局となる。構成メンバーは住区・町会の役員などからなり、各地域社会をカバーするのである。

目黒区は「行政当局主導」というより「行政当局参加」による新たなコミュニティづくりを試行することになるのではないか。住民の立場からすると、何らかの個人の活動が、町会・住区・地区のネットワークにサポートされることが期待できるようになるとよい。

| | コメント (0)
|

目黒区北部地区の魅力が倍増(2018-4-29)

目黒区の「みどりの散歩道」、「駒場コース」と「西郷山・目黒川コース」が、駒場から中目黒駅にかけての目黒区北部地区を散策する道筋となっている。現在、目黒区のホームページに掲載されているのは2013年10月に更新されたもので、2つの散歩道のコースの内容は、駒場東大前駅、民藝館、駒場公園(旧前田侯爵家和館・洋館)、日本近代文学館、駒場野公園、自然観察舎、大橋氷川神社、桜樹記念碑、菅刈公園(和館・展示室)、西郷山公園・グリーンカフェ西郷山、猿楽塚、目切坂、目黒川散策路、中目黒駅。2013年3月にオープンした目黒天空庭園はない。

「西郷山・目黒川コース」では旧山手通りを西郷山公園からヒルサイドテラス・旧朝倉家住宅前まで歩くようになっていて、散歩道としては魅力的ではあるが、そこは渋谷区のコースでもある。単に「目黒川コース」としてもよいほど、この5年で目黒川沿道が魅力的な散歩道に変わってきている。

最新版をつくるとすると来年の2019年10月になるだろうか。目黒天空庭園が加わるのはもちろんとして、これから1年の間にこのコースの中でオープンするものは、散歩道の魅力を倍増させるものがある。

平成28年7月から2年を超える改修工事を経て、今年の秋に新たに公開される駒場公園旧前田家本邸洋館は、目黒区と金沢市が友好都市協定を締結したことにより、目黒区としても強くアピールをしたいところだろう。
180428_5

淡島通りを超えて国道246号に出る手前、目黒川緑道沿いともなる東邦大学大橋病院新病院がこの6月に完成して、新たな景観を見せる。
180428_2

目黒川沿道でドンキホーテの横に工事中のスターバックス・リザーブ・ロースタリー。日本初で世界で4番目となるもので、隈研吾氏の設計による建物ということでも注目されている。
180428_3

そして山手通旧朝倉家住宅から下ってくる目切坂の下に、2019年4月に開校する東京音楽大学の室内楽コンサートホールは、地域にも開かてたものになるとされる。
180428_4

目黒区北部地区のこれから1年の変貌ぶりは目覚しい。

| | コメント (0)
|

目黒区の地域コミュニティ(2018-4-25)

目黒区の地域コミュニティは、区が制定している「住区」「地区」と、住民の会費で運営する「町会・自治会」がある。「地区」は4~5つの「住区」を併せて構成するもので、北部、東部、中央、南部、西部の5地区があり、それぞれに拠点となるサービス事務所と包括支援センターをもっている。

住区というのは、現在では駅名で知られる都立大学がめぐろ区民キャンパスの場所にあった時代、大学の都市社会学者の構想を受けて目黒区で忠実に作られたものという。既存の町内会とは異なる担い手が台頭することを期待して、町内会の区域を敢えて無視して設定されたようである。

1974年のモデル地区指定にはじまり、1985年までに全22の住区と住区センターが設置された。22の住区ごとにその内容は違わざるを得ないとしても、町会・自治会との違いがどれだけ広く理解されているものか。

そんな中で、目黒区では地域の支え合い活動の推進を目的として、区、社会福祉協議会、包括支援センターの他、町会、住区住民会議、老人クラブ、社会福祉法人などからなる「協議体」を5つの地域ごとに設置した。駒場・菅刈・東山・烏森の4住区からなる北部地区の協議体は「北部いきいき支え合いネットワーク」と名付けられている。行政と共に活動する協議体が、目黒区の地域コミュニティを牽引することになるだろう。

| | コメント (0)
|

菅刈小学校での避難所運営訓練(2018-3-10)

10日午前10時から菅刈小学校を避難所とする町会による避難所運営訓練が行われた。目黒区防災課、目黒消防署の協力により、菅刈小学校校長、発災時に菅刈小学校を担当する区職員も参加。駒場町会からも、駒場地区の避難所に避難する町会もあることから、防災部長ほか駒場防災会議メンバーが見学した。

応急危険度判定員による体育館の安全確認のあと、体育館にブルーシートを広げ、実際のスペースを確認。主催者、消防署、防災課、学校長がそれぞれ挨拶をしてから、心臓マッサージとAEDの使用体験を行った。

並行して、体育館の中に展示されたダンボールトイレについて、駒場高校避難所運営協議会役員から説明をし、
ダンボールトイレが100キロ近い体重のある人でも使用できることを確認した。続いて、体育館を出てからトイレを設置するマンホールの蓋を開けて見せてもらった。

その後、D級ポンプを起動させてマンホールに送水する予定であったが、寒さのせいかエンジンが起動せず、いざというときのために貴重な経験となった。

菅刈小学校は崖下にあることから、避難所の安全性についての懸念もあるようだが、避難所運営訓練はそこを避難所とする人にはもちろん、そうでない人たちにも有益であることを改めて感じさせた。

180310_9072

180310_9073


| | コメント (0)
|

地域の支え合いに向けて(2018-3-6)

国の方針として「地域包括ケアの深化・地域共生社会の実現」というものがある。
「一億総活躍社会づくりが進められる中、福祉分野においてもパラダイムを転換し、福祉は与えるもの、与えられるものといったように、「支え手側」と受け分かれるのではなく 地域のあらゆる住民が役割を持ち、支え合いながら、自分らしく活躍できる地域コミュニティを育成し、公的な福祉サービスと協働して助け合いながら暮すことのできることのできる「地域共生社会」を実現する必要がある」というのがその骨子といえよう。

目黒区では、82の町会・自治会、22の住区住民会議を更に集約して、5つの地区サービス事務所ごとに地域の支え合いの仕組みとなる協議体をつくることになった。駒場、菅刈、東山、宿山の4住区住民会議の地域社会からなる「北部いきいき支え合いネットワーク」が昨年5回の準備会を経て本日正式に発足した。

天空庭園横の北部地区サービス事務所の会議室に地域社会で活躍されている人たちが集まり、目黒区健康福祉部長の挨拶、日本社会事業大学の菱沼幹男准教授による講演とグループトークのまとめで、これからの課題など確認したのである。

ネットワークのメンバーは座長(上三町会会長)、副座長(菅刈住区会長)ほか12名と北部包括支援センター3名、社会福祉協議会1名で事務局は目黒区介護保険課が担当する。

その規模での地域住民の数は5万人ほどなので、地域社会としてはかなり大きい。町会・自治会、住区住民会議ベースでの住民参加が前提になろうが、社会インフラの活用という意味では、最適規模となろうか。

目黒区の住民で、地域社会を相手に仕事をしている人は限られる。そうでなければ地域社会に関心を持ちにくい。新聞・テレビはもちろん、ネット情報でも地域の話題は限られる中、どうすれば多くの方が地域の支え合いに関心をもってもらえるか。参加できる場づくりと、そこへの誘いが第一歩となりそう。駒場野公園横の氷川ホーム「ここからカフェ」で毎月第4火曜日に開催している「こまば高齢社会勉強会」もそのひとつである。
今月27日のテーマは「超高齢社会の終末期医療」。嫌われそうなタイトあルではあるが、長生きすれば誰もが避けられない。

| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧