駒場

駒場の重要文化財-2(2018-5-24)

昭和2年(1927)9月に前田利為が日本を出てから昭和5年(1930)9月に帰国する留守の間に、駒場の本邸の建築が行われた。帰国したのは利為45歳のときである。

最初に渡欧した1913年から1930年までの17年にわたる間、3年ずつ9年もヨーロッパに滞在したことになる。その間に、本郷に邸宅のあった日本にいたのは8年。今のように簡単には行けないばかりか、電報でなければ1か月以上かかる郵便物で情報を頼るしかないヨーロッパに、それだけの長期間滞在していると、世界の中での日本の見え方が当然違ってくるはずである。

年表で1913年から30年までのほぼ大正時代といってよい時代に生じた、ヨーロッパと日本での大きな出来事を拾ってみる。
第一次世界大戦(1914~18)、ロシア革命(1917)、パリ講和会議(1919)、国際連盟成立(1920)、ソ連邦成立(1922)、関東大震災(1923)、日本でラジオ放送開始(1925)、治安維持法・普通選挙法(1925)、パリ不戦条約(1927)、世界恐慌(1929)、ロンドン軍縮会議(1930)。
これらの出来事に、職務と社交を通じて日本と欧州で直接関わっていたことを想うと、若いころから親交があったという公爵近衛文麿をしのぐ国際感覚があったことは間違いなかろう。近衛文麿も日米開戦をためらったが、そのため内閣総辞職、東条英機が総理大臣となって太平洋戦争に突入する。

利為が神戸港に帰着したのは9月27日。それに先立ち上海で出迎えを受け、国内情勢について報告を受けている。駒場の新邸に着いたのは翌28日で、その日の午後には新任地の近衛歩兵第二連隊長として着任し、そのまま宮中・宮家を回って、夜帰邸。しかし、翌日には千葉(四街道)の下志津厩舎に向かい、10月8日になってようやく夫婦での親族への帰朝挨拶をすませた。

それから7年後の昭和12年(1937)11月から1年間満州に師団長として赴任したが、翌年12月末に参謀本部付として帰国。翌昭和14年(1939)1月末で予備役となり、現役軍人としてのキャリアを終えた。

冷静に事態に対処しようとする利為は「臆病者、平和主義者、米英迎合型人物」として中央から遠ざけられたらしい。そのような環境の中、戦後には消防団となる目黒警防団を結成せしめ、自ら後援会長になってその育成を図ったのである。

日米開戦により昭和17年(1942)4月、ボルネオ守備軍司令官の命を受け、5月に北部ボルネオに到着した。しかし、その年の9月に飛行中行方不明となり、10月に57歳の前田利為の遺体が引き上げられることになる。この年、従兄弟の近衛文麿が51歳、陸士同期の東条英機が58歳であった。

| | コメント (0)
|

駒場の重要文化財(2018-5-19)

駒場公園は、加賀藩主であった前田家の本邸として昭和5年(1930)から終戦間際まで使われていたものを、占領軍による接収を経て、昭和42年(1967)に都立駒場公園として開園し、昭和50年(1975)から目黒区立の公園となって現在に至っているものである。平成25年(2013)には重要文化財に指定され、旧前田家本邸として保存管理の基本方針が定められている。

加賀藩主の前田家は、戦国武将である前田利家を始祖とし、徳川時代の大名として最大の石高を誇り、加賀百万石として知られていた。加賀藩の江戸藩邸は、現在東京大学の本郷キャンパスとなっている場所にあり、明治維新後もその一部が前田家の私邸として認められて、明治38年(1905)に和館(居館)、明治40年(1907)に西洋館(迎賓館)を竣工させた。

加賀藩邸跡地は明治10年(1878)から東京帝国大学として、医学部から順次キャンパスが整備されていたが、大正12年(1923)9月の関東大震災を契機として、隣接する水戸藩邸跡の敷地に明治22年(1889)以降立地していた第一高等学校とほぼ同時期に、駒場の帝大農学部と土地の交換をすることになった。

駒場の土地は徳川幕府の鷹狩り場として利用されていたもので、明治11年(1878)から駒場農学校が設立され、本郷キャンパス内の弥生キャンパスに移転した現在の東京大学農学部へと学校は引き継がれている。駒場農学校の敷地となった土地が、現在の駒場ⅠキャンパスとⅡキャンパスの部分と、当時の前田侯爵家のものになったのである。

前田家は14代慶寧(よしやす)が明治2年(1869)に版籍奉還をし、華族として家禄・章典録を得、明治17年(1884)の華族令発布により、15代の利嗣(としつぐ)が侯爵となった。駒場に邸宅を構えたのはその養子となった16代の利為(としなり)なのである。

前田利為は明治33年(1900)に15歳で前田家第16代の当主となり、侯爵の爵位も継承した。明治38年(1905)日露戦争の最中に陸軍士官学校を卒業。明治41年(1908)陸軍大学に入学し、44年(1911)26歳のときに卒業。それから2年足らずの大正2年(1913)に欧州への私費留学をすることになった。当初はドイツに滞在したが、その間に第一次大戦が勃発。日本のドイツへの宣戦により大正4年(1915)にはイギリスに移り、日英同盟の関係のあるイギリス軍に従軍もした。ヨーロッパでの戦争が激しさを増す中、大正5年(1916)12月に帰国した。31歳のときである。

それから3年後となる大正9年(1920)2月から大正12年(1923)6月まで3年余りの期間再度ヨーロッパに滞在。その間の大正10年5月には、それから5年後に天皇に即位することになる、留学中の20歳になった皇太子をイギリスで出迎えている。利為は35歳であった。当時のヨーロッパは大戦の戦後処理の最中であり、それを現地でどのように見ていたのだろうか。

帰国してまもない大正12年9月には関東大震災が発生。その影響もあり、大正14年(1925)に本郷邸を移譲し、駒場に新たな邸宅を新築することを決め、翌年7月に駒場で地鎮祭を行った。更にその翌年で元号が改まった昭和2年(1927)、駐英大使館附き武官としてイギリスに赴任することになった。今ならロンドンまでノンストップで12時間半なのだが、この時は9月13日に出発してロンドン到着が10月29日。46日もかけた長旅であり、それだけ日本からは遠い世界の住民に3度なったことは記憶にとどめたい。(続く)

| | コメント (0)
|

駒場の桜が満開(2018-3-28)

今、東京は桜が満開。その中でも駒場公園と駒場野公園はあまり知られていない桜の名所といえるだろう。平日の今日、花見に来ている人たちでいつもよりは多いとはいえ、混雑とは程遠く、暖かな花曇りの中で一瞬の饗宴を惜しむかのようであった。この2~3日で散り始めると同時に、本格的に春の訪れということになる。

180328
駒場公園

180328_2
駒場野公園

180328_3
駒場野公園拡張部分

|
|

万葉集の時代と現代(2018-1-27)

毎月第4金曜日の夜、こまばサロン暖炉で武市香織さんによる万葉集講座が開催されている。文学としての鑑賞というより、当時の時代背景を日本書紀などから読み取った上での歌の解説が主となっている。とはいえ、学術的な勉強会ではなく、講釈のようなリズムで楽しく聞かせてもらえる上質のエンターテイメントと考えたほうがよいのだろう。和歌とはもともとそういうものであったはずだ。

1月、2月は古代最大の事件といわれる壬申の乱について。万葉集の読者は奈良時代を現代として生きる人たちで、その前の西暦629年から710年までの期間の出来事を近代として思い起こしたものだという。その間の出来事の中核となるのが壬申の乱であったとのこと。

そこで今を生きるわれわれにとっては、と思いをめぐらせると、戦争が終わった1945年から現在までが現代で、近代は明治維新から敗戦まで、ということである。そうして万葉集に相当するものといえば、昭和の歌謡曲ベスト500とでもいうものになるのではないか。YouTubeにアップされた音源を、ブルートゥース・スピーカーで聞くのが現代版万葉集の楽しみ方になる。

歌謡曲ではないものの、近代の昭和12年に作曲された「海ゆかば」は、万葉集の「現代」の作品。「陸奥国に金を出す詔書を賀す歌一首、并せて短歌(大伴家持)」の一節なのである。「海行かば 水漬く屍 山行かば 草生す屍 大君の 辺にこそ死なめ かへり見は せじ」。戦時の玉砕放送で流された曲だそうなので、現代においては忌避されていたかもしれないが、海上自衛隊音楽隊などでよく演奏されているようだ。

いつになったらここまでたどりつくかは分からないけれど、これも楽しみである。

次回は2月23日(金)19:00~21:00 
受講料は毎回1500円で予約制。申し込みはこまばサロン暖炉へ。
https://www.facebook.com/komabadanro/

| | コメント (0)
|

第36回こまばのまつり(2017-10-1)

今年のこまばのまつりは、淡島通りに面した拡張公園を会場として使わずに、林の中に囲まれた駒場野公園の中にすべての会場を集約して開催された。駒場住区住民会議を中心とするこまばのまつり実行委員会が主催する行事で、これまでになかったほどの好天とさわやかな秋の空気の中で、36回目となる地域の祭りを迎えることができた。
1001_1

こまばのまつりは、本郷キャンパスに移転した東大農学部の前身である駒場農学校時代からのケルネル田んぼで行われる「かしコンクール」が看板行事。今年は45体のかかしが出品された。それらは審査の対象となり、目黒区長賞などさまざまな賞がもれなく出された。その表彰式をもって例年のようにまつりを締めくくったのである。

ケルネル田んぼの名はドイツ人で駒場農学校に明治14年に招聘されたオスカー・ケルネルにちなんだもの。そのため、毎年ドイツ大使館からも挨拶があり、かかしコンクールの賞品も出される。

来賓として招待されたドイツ大使館の参事官はドイツ語で挨拶したが、その中に以下のような言葉があった。

「この催しは農業分野における日独協力の重要な一ページを記念するものであり、本日参加できることを特に嬉しく存じます」「特にうれしいのは、この伝統を祝うために、若い参加者や来訪者の皆さんも多数集まっておられることです」「研究者や学者たちと彼らの農業への取り組みを記念する、この水田とフェスティバルの伝統が長く続くよう、お祈りしております」。

かかしは11月11日に撤去されるまでケルネル田んぼにそのまま展示される。
Kakashi1

ケルネルの招聘に先立つ明治10年に駒場農学校に奉職したのが船津伝次平。その出身地である前橋市富士見町と駒場は交流を重ねており、野菜販売とステージでの演芸披露などに60人ほど富士見町から参加した。
Fujimi

Yagibushi

駒場農学校のキャンパスに隣接するようにして1911年(明治44年)に開園して以来現在まで、日本で一番古くからバラ苗販売をしているのが駒場バラ園。井の頭線のトンネルを出たところにあるのだが、かつてはバラの畑があり、周囲も畑の中だったという。その記憶を広く伝えるために設立された駒場バラ会が、駒場バラ園のバラ苗をこまばのまつりの会場で販売している。会場ブースでバラ苗などの販売に参加した会員数は46人。こまばのまつりのブース運営の単位としては最大規模といえるだろう。
Rose

ステージでは富士見町の他、駒場児童館、駒場小学校、目黒第一中学校、国際高校、日本工業大学駒場高校の生徒が演技を披露。会場では商店会や地域で活動するさまざまな団体の顔を見ることができた。また、駒場体育館ではさまざまな団体の作品が展示されていた。

会場の設営などについて、東大駒場祭実行委員会の学生による協力を全面的に受けることができるのも、駒場という地域のありがたいところである。

| | コメント (0)
|

万葉集で学ぶ日本の歴史(2017-9-23)

駒場4丁目、駒場公園の北側に接する住宅をレンタルスペースにした「こまばサロン暖炉」を会場にして、毎月第4金曜日の夜『万葉集講座』が開催されている。

講座は歌の前提となる時代背景の説明から入る。万葉集が編纂された8世紀の奈良時代を現代とし、7世紀の飛鳥時代を近代の記憶として詠まれていたという。ここでは古代日本の姿を、歌に込められたことばの中から読みとるのである。古代日本は21世紀の今とはあらゆることが違っていた。それでも共感を覚える何かがある。1350年前の日本語が今でもほとんどそのまま通じることも知らされるのである。

講師の武市香織さんは万葉集の研究者で、大学などでの講師をつとめているが、その語り口には聴くものを飽きさせないリズムがあって心地よい。サロンという雰囲気の中での講義は、日本の歴史に少しでも関心があれば十分に楽しめるだろう。

万葉集の時代で最大の事件は672年に起きた壬申の乱という。次回10月27(金)からいよいよその時代に入る。

19時から21時までの2時間、お茶とお菓子を味わいながら気軽に質問もできる。
料金は1回ごとに1500円。予約はメールでinfo@danrokomaba.com まで。

170923


| | コメント (0)
|

85年前の駒場の地図(2017-8-23)

アメリカのスタンフォード大学が日本中の5万分の一地形図をインターネットで公開していることが話題になっている。複製された当時の地図を探せば手に取って見ることはできるにしても、インターネットで居ながらにして見ることができるのはうれしい。

そこで、目黒区のある東京西南部の地図を見てみる。この地図の発行は昭和9年(1934年)とあるがデータは昭和7年(1932年)以前のもの。明治42年(1909年)に測図したものをベースに昭和4年(1929年)、昭和7年(1932年)に修正と書かれている。目黒区が誕生したのは昭和7年(1932年)9月。それまでの東京府荏原郡目黒町と碑衾町が合併して東京市に編入され目黒区となったが、そのことはこの地図では反映されていない。1933年に開通した井の頭線の用地も見えない。

駒場近辺の地名で表記されているのは駒場、上目黒、松涛、池尻、渋谷と現在はない上通だけ。上通の地名が消えたのは1965年ごろだろうからもう半世紀も昔のことになる。上通4丁目のバス停が玉電の走っていた246沿いにあったという記憶も限られた高齢者のもの。

東大駒場キャンパスの場所が帝大農学部と明記されている他に、学校の記号のあるのは現在は駒場学園の敷地となった陸軍乗馬学校・獣医学校と菅刈小学校だけ。軍の用地にはその記載がない。道路は山手通りも旧山手通りもないが、古くからの道がどこなのかが分かる。今では目立たない道路なのだが。

100年ほど前の日本の様子が分かる地図は、世界的に見て学術的な価値があるからこそスタンフォード大学で公開したのだろう。近代日本の研究材料の一つとしてこの地図が使われ、それがどのような論文になるのか、ちょっと楽しみでもある。

https://purl.stanford.edu/vz909jc0494


170821


| | コメント (0)
|

駒場の揚げパン(2017-8-3)

いま揚げパンが人気らしい。井の頭線駒場東大前駅の線路沿いにある、駒場東大前商店街の町カフェでも独自レシピの揚げパンをはじめた。コーヒーにケーキではなく揚げパンを食べるというスタイルは、脱オシャレという新しい生き方にマッチしている。
Cafe1

カフェなのに何故か携帯電話を売っている。町会カフェというネーミングも脱オシャレ。もうオシャレな店には飽きあきなのが今のトレンドなのだろう。オシャレな店よりくつろげる店。小学生から高齢者まで、さまざまな世代の交流を楽しめるのがウリ。店の外観は駄菓子屋といったところなのである。
Cafe3

店はこの揚げパンを作り出した親切なおじさんが一人で切り盛りするが、それがほのぼのとした店の空気を漂わせている。揚げパンはそんな雰囲気にもぴったり。コーヒー300円、揚げパン100円という価格もいい。
Cafe2

この店を知らない東大生はいない、ということになる日も近いだろう。


| | コメント (0)
|

2回目の「こまばマルシェ」(2017-6-25)

今年の4月にオープンしたばかりのレンタルスペース「こまばサロン暖炉」で、会場自身が主催する「こまばマルシェ」の第2回目が開催された。午前中は雨で出足が遅れたが、午後からは雨も上がり、客足もまずまず。

オーガニック野菜、スペシャルティコーヒー、沖縄物産、テミルプロジェクトの焼き菓子、アジアの小さな村のオリジナルバッグ、手作り淡水パールアクセサリー、などが販売され、ワークショップとして、「革びいどろアクセサリー」「介護カフェ」「しるしる憲法」といった今回のラインナップ。特性のオーガニックランチを食べるだけでも満足という内容。次回の「こまばマルシェ」は8月27日(日)に開催されることになった。

また、こまばサロン暖炉では、毎月第4金曜日に行う万葉集の講座を今月スタートした。万葉集の時代背景を学びながら、古代日本の世界を静かな洋室で大きなテーブルを囲んで鑑賞することになる。

駒場公園の木立の中にある日本近代文学館の北側に隣接するこまばサロン暖炉は、駒場の新しい集いの場として利用されることだろう。
https://www.facebook.com/komabadanro/

170625_2

170625_1

170625_3


| | コメント (0)
|

駒場でバラを楽しむ(2017-6-12)

「バラがあなたを待っています。」そんな甘い言葉で誘う駒場バラ会。バラ会にありがちな会員が育てたバラのコンテストをする会ではない。公共スペースの花壇を自主的にバラで彩るために2006年に発足したボランティア団体で、6月11日、新しい会員募集のリーフレットを発表した。
Leaflet1


活動している場所は、駒場公園・駒場野公園・駒場小学校と東京大学の敷地で、もとはといえば、近代農学発祥の地ともいわれる、駒場農学校・東京帝国大学農科大学だったところ。その横では、現存する日本最古のバラ園といわれる、駒場バラ園が1911年の開業以来、バラ苗を販売する由緒ある店として現在も営業を続けている。駒場バラ園が開園した頃には井の頭線の線路はなかった。駒場東大前駅が現在位置にできたのは1965年である。この地域は井の頭線の線路が真ん中を貫くと共に、自動車がここを通り抜けにくいという特徴に注目したい。
Leaflet2

駒場バラ会が活動する場所は目黒区や国立大学法人東京大学の敷地内で、それぞれの管理者からのサポートはいただいている。しかし、会員になるのに目黒区民や東京大学関係者である必要はない。世田谷区民や渋谷区民はもちろん、神奈川県の一般住民も活躍している。
一日体験参加も歓迎しているから、まず覗いてみるとよい。それで年会費は1000円。園芸の知識は全く不要で、バラの根元の草むしりをするだけでよい、という人も活躍できる。
Leaflet3

駒場バラ園のあるこの街は、106年もの間バラを愛する人たちを惹きつけてきた。そのことは貴重であり、それだけに日本におけるバラの聖地として、密かに知られるようになってほしい。
これらの花壇にはフルタイム勤務どころか、有給で管理するスタッフもいない。すべて月数時間ベースでのバラ会会員のワークシェアリングで管理している。駒場バラ会会員の意思で花壇をつくっているからである。したがって、会員の仕事の総量だけがこれらの花壇をつないだバラの街の魅力を育むのである。
「バラは人を呼ぶんですよ」ということなので、駒場東大前に呼ばれてみよう。
Leaflet4

170514

駒場バラ会の活動の様子は、雑誌『マイガーデン』8月号(6月16日発売)で紹介されている。


問い合わせはkomabarose@excite.co.jpまで。

| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧