« 駒場住宅跡地整備計画に対する意見―8(2022-9-16) | トップページ | 世田谷・目黒の区議会議員選挙(2022-10-28) »

区議会議員候補の選挙戦がはじまる(2022-10-24)

半年後に行われる統一地方選挙、目黒区議選に向けて、現職議員の動きが活発化していると聞いた。定員36人に対して、現職議員は33人。党派別内訳は自民10人、公明6人、共産5人、立憲3人、維新、都民ファースト、N国がそれぞれ一人ずつ。それに無所属が6人である。

 現時点で政党の新人公認予定候補者が発表されているのは、都民ファースト2人と維新1人、それに無所属の新人候補が一人である。自民は前回の選挙で落選者が5人あり、立憲は5人当選したものの途中2人が抜けて3人になっているので、それぞれ新人候補が出るだろう。自民3~4人、立憲2~3人が見込まれるので、政党公認の新人だけでも8~10人で、更に無所属や、れいわ、参政党などでも新人の立候補があるだろう。

ちなみに公明と共産は候補者が現職に代えて新人ということがあるとしても、候補者数は現職から増減はないだろう。自民の現職10人全員と維新、都民ファーストの現職も公認予定となっている。無所属の現職6人も加わり、激戦が予想される。

 そうした中で選挙の投票率は40%というのがこれまでの実績。今年の参議院選挙だと60%の投票率だったが、区議選への関心が低いのは、区議会はどうでもよいものと思われているからか。特に目黒区に住んで間もない人や、転出予定のある人が少なくないことから、投票率の低さはやむを得ないこともあるかも知れない。

 それでも統一地方選挙の結果は、国民の意思として評価されるようである。区議会議員に関心がなくとも、国民としての意思表示をすることは重要なことはいうまでもない。当選者は36人だから、自分が投票した人が当選する確率は高い。しかも候補者は区内に住む身近な人たちだし、当選者は政党を通じて国政にも影響力を持つ。無所属であれば、政党組織から自由なだけに、より住民の意見を吸い上げるかもしれない。

 誰に投票するか、選挙の日までそろそろ考えはじめてもよいのではないか。少なくとも、現職議員と会うことは難しくない。

|

« 駒場住宅跡地整備計画に対する意見―8(2022-9-16) | トップページ | 世田谷・目黒の区議会議員選挙(2022-10-28) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 駒場住宅跡地整備計画に対する意見―8(2022-9-16) | トップページ | 世田谷・目黒の区議会議員選挙(2022-10-28) »