« 駒場の1万年(2021-9-16) | トップページ

これからの目黒区駒場(2021-9-18)

目黒区が誕生したのは1937年、目黒町と碑衾町が合併したもの。目黒町は上目黒・中目黒・下目黒・三田の4村の合併により1889年に目黒村になったものが、1922年に村から目黒町になっていたのである。

1590年にこの4村が徳川の直轄地になったとされるから、それぞれの村では、それ以前からほとんど変わることない生活が農業を中心として続けられてきたのだろう。東京湾に直接注ぐ目黒川の水が、古来この地域の生活を支えていたことは確かである。

目黒区史の資料編によると、1872年(明治5年)の上目黒村の世帯数と人口は、世帯数;218、人口;1205である。上目黒村は、ほぼ現在の上目黒、青葉台、東山、大橋、駒場に当たるので、その合計を見ると、世帯数31726、人口55143(2021年9月1日)となっている。世帯数で145倍、人口で45倍である。

上目黒村には小名が8つあり、単純に割ると、各小名の世帯数は平均27世帯となる。現在の感覚からすると、小規模の集合住宅並みの世帯数で一つの地域社会を構成していたことになる。

それから150年の間に、それ以前の恐らく2000年以上続いていた自然の中にあった景観がみるみるうちに変わっていった。道路が舗装され、目黒川やその支流がコンクリートに囲まれるようになったのは、この60年前からのことであり、それは誇らしいものでしかなかったのではないか。

しかし、人口が減少する傾向に入り、2050年までのカーボンニュートラルの実現に向けて、これからどのような地域景観の変化が見られるのだろうか。

一つの指標は生物多様性。さまざまないきものが暮らせる環境なのか、そうではないのか。ムシは嫌われることが多いけれど、ムシとの共生が進むことが期待されているようである。

 

|

« 駒場の1万年(2021-9-16) | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 駒場の1万年(2021-9-16) | トップページ