« 都議選の目黒区での結果から(2021-7-5) | トップページ | オリンピックが始まった(2021-7-21) »

コロナ禍での五輪報道 (2021-7-18)

世界各国の7月18日時点での新型コロナウイルス新規感染者数を見た。WHOが発表しているデータである。それによると、1日の新規感染者数が一番多い国はブラジルの57千人で、続いてインドネシアが54千人。イギリス(47千)、インド(38千)、アメリカ(38千)の順となる。

そのような状態でもイギリスは7月19日からすべての規制を解除するそうだし、アメリカでは大リーグのオールスター・ゲームが大観衆の中で行われたことは記憶に新しい。

 日本の新規感染者数はWHOの同日のデータでは3421人で。東京都は8月22日まで緊急事態宣言を発出中である。そんな中での東京五輪。開会式は23日だが、野球・ソフトボール、サッカーは21日から始まる。ほとんどの競技が無観客で、パブリックビューングもないから、観戦の興奮はニュースとして伝えにくいだろう。観戦報道より五輪関係者の感染報道の方が目立つことになる。

 更に、開会式前日、7月22日発売の週刊文春には、開会式の音楽担当についての記事が出るのだろうか。開会式自体がマイナスイメージのニュースとなってもおかしくない。緊急事態宣言中の中で生じる五輪関係者の不適切な行動も多発するのではないか。明るい話題に乏しいし、選手の活躍のニュースがネガティブなニュースに打ち消されてしましそうだ。五輪とは無関係な大リーグの大谷選手のホームランの映像の方が気になる人が多いだろう。五輪で活躍しそうな選手のニュースはかつてない程少ないように思える。

 コロナ禍で世界各国から来賓が集まり、世界中のメディアがこの空前の大会を取材する。記者の行動規制もあるようだが、そのことを含めて、全世界に東京の様子がどのように発信されるかは、楽しくないこととはいえ、注目されてよい。

|

« 都議選の目黒区での結果から(2021-7-5) | トップページ | オリンピックが始まった(2021-7-21) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 都議選の目黒区での結果から(2021-7-5) | トップページ | オリンピックが始まった(2021-7-21) »