« 風のガーデンこまば (20-8-26) | トップページ | 渋谷駅終わりのはじまり (20-9-14) »

東京の観光振興を考える有識者会議 (20-9-9)

東京都産業労働局の主催する表題会議が、9月9日15時から16時までの1時間、小池知事の出席のもとに開催されオンラインで生中継された。コロナの影響でインバウンド客が壊滅状態になった観光業をこれからどうするか、という内容である。

コロナが終わってから日本に観光旅行に行きたいという海外のニーズもあり、V字型の回復は来年以降に期待されるものの、当面は国内の旅行需要をどれだけ取り込むかということになる。課題の一つとして、現在一部の地方で見られる「東京からの来訪者お断り」のような偏見をなくすことがあり、コロナのために海外からのお客さんを差別するようなことのないように啓蒙しなければならないということが挙げられた。

インバウンド客のない今、空いているのがよいという気分もある。交通機関や映画館などでも、隣の席が空いているのはよいものとの感想もあるだろうから、静かになった街がまた混雑することは歓迎しない人も少なくあるまい。

同時に国内の旅行を喚起するような情報発信の重要性も指摘された。「オンライン東京ツアー」という言葉もあったが、これはTABICAなどですでに行われており、このブログの筆者もそうしたオンラインでの渋谷ガイドツアーを実施している。そうした試みにも注目してもらいたい。

観光についてのみならず、こうした公的な会議は一般に公開されるようになるだろう。それにより、主催者が多くの意見を吸収しやすくなると共に、行政の動きを直接知ることで、それに素早く対応することもできるようになる。そのチャンスを有効に活用できるようにしたい。

|

« 風のガーデンこまば (20-8-26) | トップページ | 渋谷駅終わりのはじまり (20-9-14) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 風のガーデンこまば (20-8-26) | トップページ | 渋谷駅終わりのはじまり (20-9-14) »