« 目黒区のデジタル対応 (20-9-22) | トップページ | 30年前の渋谷(20-10-15) »

目黒区のデジタル対応 その2(20-9-22)

引き続き、目黒区のデジタル化について。定例会での代表質問と区長のやりとりを見ると、区長はデジタル敗戦は認めない立場のようであるが、残念ながらこれが多数の区民の意識なのだろう。今の政府の動きは、マスメディアは自分の存在価値を問われることにもなりかねないからどう扱うか苦慮しているかもしれない。国民=区民の意識を変えることができるかどうかが課題なのだが。「様々な視点を踏まえて検討する」という答弁は、何もしないことを意味する慣用句と理解されるのが一般的である。

代表質問 小野瀬区議

 圧倒的なアナログ体質からの脱却についてです。

 今回の所信表明では、国や東京都のソサエティ5.0への言及がなされ、我が区もこれらのサイバーとフィジカルの融合した未来社会への対応にかじを切るような表記がありますが、他方、区政の最高責任者である青木区長は、自らがガラケーの使用者であり、自身からの情報発信を拒否している状態はソサエティ4.0の情報社会にも到達していない状況であると考えられます。

 私は、どちらかといえば、電子社会弱者への配慮を考える人間ですが、個人の通信方法選択は二の次にしても、そしてトップが苦手であっても、専門分野の立ち上げや理解を示す環境こそが、AI、ロボットやIoT、ビッグデータの活用を進め、区内の東大、東工大などといった産学官との巧みな連携を踏まえた、東京都の5G計画への率先先進区を目指すべきと考えますが、その気概はないか、お尋ねをいたします。

区長答弁

 圧倒的なアナログ体質からの脱却についてでございますが、第2点目でも申し上げたとおり、ICTは、我々の想像をはるかに超えるスピードで進化している状況にございます。

 本区においても、事務の効率化、職員負担の軽減の観点から、昨年、RPA、ロボティック・プロセス・オートメーション、AI-OCR、アーティフィシャル・インテリジェンス・オプティカル・キャラクター・リーダー、AIチャットボットの実証実験を進めてきたところでございます。

 本区といたしましても、今後の人口減少社会を見据えて、人材確保がより難しくなることが想定される中で、ICTを活用した業務の効率化は、非常に重要な課題として認識しているところでございます。

 令和2年度においても、引き続き実証実験に取り組むため、全庁的に取組意向調査を行っており、現時点で昨年を超える業務改善の申出があり、組織としては圧倒的なアナログ体質に浸っているという認識は、私は持ってございません。

 今回の所信表明の中で、ソサエティ5.0について言及をさせていただきましたが、私は、国、東京都に追随すべきということではなく、国がやるべきこと、都がやるべきこと、目黒区がやるべきことをきちんと整理した上で、基礎自治体として区民福祉の向上に向けて取り組むべきものは何かを考えていくことが重要との認識でございます。

 東京都の5G、ファイブ・ジェネレーション計画については、現在の情報通信量の100倍の高速通信網を積極的に整備し、車の自動運転や教育への活用、遠隔医療の実現などを目指して取組を推進するというものでございまして、こうした社会が実現することで、我々の生活環境が、これまでとは一変することになります。

 区としても、そうした社会状況の変化に適切に対応するために、検討を進めていくべき課題であると考えているところでございます。

 東京都の取組も緒に就いたところであり、区としてどのような連携を図っていくかについては、今後の情報政策の在り方、業務改善に向けた取組の方向など、様々な視点を踏まえて検討を進めてまいりたいと存じます。
 

|

« 目黒区のデジタル対応 (20-9-22) | トップページ | 30年前の渋谷(20-10-15) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 目黒区のデジタル対応 (20-9-22) | トップページ | 30年前の渋谷(20-10-15) »