« 高輪ゲートウェイ駅の魅力 (20-7-22) | トップページ

若者の街と呼ばれた渋谷のこれから (20-7-25)

渋谷109が若い女性たちの聖地のようになったのは1992年頃かららしい。渋谷センター街に高校生が集まっていたころで、渋谷のイメージは必ずしもよいとは言えなかったが、若者の街というイメージは定着していた。

1999年12月の新語・流行語大賞で「カリスマ」が選ばれ、カリスマ店員と呼ばれる女性たちが活躍する舞台となって、「マルキュー」の名で全国に知られるようになった。昨年までは、海外からも多くの若い女性が集まり、渋谷のイメージそのものであったと言ってよいかも知れない。

また、道玄坂と文化村通りの交差点という場所にあることから、渋谷を象徴するような場所であり、盆踊りや、御神輿などのイベントなどでは、そこが舞台ともなっていた。

そして、2020年、渋谷から外国人の姿が消えた。イベントもできない。この7月には、渋谷109で人気のブランド「セシルマクビー」が年内にも全国の店舗を閉鎖することが発表された。アパレルは時代と共に変わるもの。同様の人気ブランド「マウジー」を持つ企業も新ブランドをオンラインで展開しはじめている。街に出て買うだけではなくなってきたようだ。

世界がコロナと共存していかなくてはならないともいわれる新しい時代の中で、渋谷はどのような街になっていくのか。渋谷109の裏手では、2023年完成に向けて、これまで表通りから見えなかった5700㎡もの土地に、高さ120メートルの高層ビルを建てる工事が進んでいる。

東急東横店西館の解体工事も年内には始まるだろう。コロナ前のような渋谷にはならないことは確かだが、これまでのように先端的な新しい街を、渋谷という場所で働かなくてはならない人たちが作っていく。リモートワークが進むにしても、世界に向けて発信する場所に、ある程度の人たちが集まる必要はあるはずだから。

|

« 高輪ゲートウェイ駅の魅力 (20-7-22) | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高輪ゲートウェイ駅の魅力 (20-7-22) | トップページ