« これからの世界秩序を考える駒場 (20-6-20) | トップページ | ぬか漬けを売る店 (20-7-4) »

世界の動きを眺めると (20-6-22)

世界のニュースはそれを発信するそれぞれの国の関心の度合いにより選ばれているといってよいだろう。国営メディアであれば、その国の立場から発信されることになる。

そんな中で、人口3百万足らずの中東の産油国カタールから24時間発信されているニュース専門のネットメディア『アルジャジーラ』は、中東に関することの割合が大きいとはいえ、全世界のニュースを無料で視聴できる。

今日のニュースでは、新型コロナ感染症の最近の24時間での新規感染者数が世界で183,020人と最大の増加になったとする。それでも世界各国でロックダウンは解除の方向に向かっていて、スペインでは21日からヨーロッパ諸国からの旅行客を受け入れるようになった。感染者数が世界1位と2位の米国とブラジルでは、ロックダウンをしていてもそれぞれの大統領が無視して行動している様子が伝えられる。

コロナウィルス関連以外では、リビアの内戦にトルコとエジプトが介入するとか、BLM(Black Lives Matter)の運動で銅像が倒されているとか、ヒマラヤの中印国境紛争、香港の抗議活動、イエメンの内戦などの映像が流れていて、英語が完全に理解できなくても、イメージはつかめる。

日本の映像が出ることは珍しいのだが、今日は尖閣諸島の映像が流れた。石垣市議会の字名変更が中国・台湾の反発が予想されることから、それについての解説があった。

世界的に影響力のあるメディアからの発信により、日本がどう見られているかを意識しておいた方がよいだろう。

|

« これからの世界秩序を考える駒場 (20-6-20) | トップページ | ぬか漬けを売る店 (20-7-4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« これからの世界秩序を考える駒場 (20-6-20) | トップページ | ぬか漬けを売る店 (20-7-4) »