« 渋谷駅再開発これからの見どころ(20-2-15) | トップページ | 静かすぎる渋谷(20-2-27) »

東横のれん街の移転(20-2-19)

渋谷マークシティの地階にある東横のれん街が、4月16日から渋谷ヒカリエの地下2・3階で営業することになった。その跡のスペースは、渋谷東急フードショー名前を変え、現在の東横店東急フードショーが、7月に拡大オープンするとされる。現在の東急東横店地下の東急フードショーは3月の東横店全館閉店後も営業とあるが、それがいつまでなのかは明らかでない。

また、拡大の意味が、現在のスペースにプラスして東横のれん街スペースなのか、東横のれん街スペースだけでも拡大になるのかは分からない。

いずれにしても、遅くとも4月15日から6月一杯の期間、マークシティ地下は工事中となるだろう。

その後、東急東横店南館・西館の解体工事にともない、4月以降も営業を続ける地下売場がいつの時点で閉鎖されるのか、その時にマークシティ地下への通路はどうするのか、これからの一年も残念ながら利用者の不満は避けがたいようである。

 

|

« 渋谷駅再開発これからの見どころ(20-2-15) | トップページ | 静かすぎる渋谷(20-2-27) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 渋谷駅再開発これからの見どころ(20-2-15) | トップページ | 静かすぎる渋谷(20-2-27) »