« 銀座線のホームが変わる(19-10-4) | トップページ | これからの渋谷駅を知るツアー(19-11-16) »

明日からの渋谷駅(19-10-31)

2013年3月に東横線渋谷駅が地下にもぐってから6年半、分かりにくいと悪評の絶えなかった渋谷駅も、地下からのエスカレーターが直線になり、11月1日の渋谷スクランブルスクエア東棟の開業と、渋谷駅東口地下広場の公開で一段落。地下鉄銀座線の新ホーム開業も1月3日と間近に迫る。更に来年には埼京線・湘南新宿ラインの新ホームが使われるようになり、JR新南口は閉鎖される。

これで渋谷駅再開発の第一ステップが完了したということのようであるが、工事はまだまだ道半ば。これからは山手線の駅の作り直しという大工事が待っている。線路をまたぐ通路を残して、東急東横店西館と南館を解体する工事がどのように行われるのか。

工事の完了は2027年度ということで、それまでの工事スケジュールはどのようなものなのか。西口広場の地下にタクシープールができるようなので、地下5階の渋谷スクランブルスクエア西棟と地下2階の中央棟を地下でつなぐ工事を先行させているのか、他ではできない世紀の大工事を見守りたい。

|

« 銀座線のホームが変わる(19-10-4) | トップページ | これからの渋谷駅を知るツアー(19-11-16) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 銀座線のホームが変わる(19-10-4) | トップページ | これからの渋谷駅を知るツアー(19-11-16) »