« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月

歴史遺産としての旧前田家本邸(19-8-23)

目黒区立駒場公園は、現在は東京大学のキャンパスになっている文京区本郷に300年もの期間住んでいた加賀藩の大名家で、明治になって華族とされた前田侯爵家が昭和5年(1930年)に移転してきた邸宅跡地である。

その移転は大正12年(1923年)の関東大震災を受けて検討され、昭和2年の金融恐慌の年から昭和4年の世界恐慌のさなかに工事が行われた。

工事中はロンドンに駐在していた前田利為侯爵から、将来のことを考えて和館建築を見合わせてはどうか、との電報を受けた昭和4年2月の評議会において、後に昭和16年から17年の近衛内閣で国務大臣、大蔵大臣も務めた住友財閥の総理事で、前田家の意思決定をする評議員でもあった小倉正恆は、次の意見を述べている。

「いやしくも貴族富豪として 世に立つ以上、その体面に相当するの邸宅を要するは、これを国家的に見るも固より当然のことなり。もし世評を恐れ、これを避けんとせば、先ずもって貴族富豪たるの地位を辞退し、吾人同様の小邸宅に隠れるの外なし。然れども、なお財産上、名誉上の実力存する限り、騒擾上の場合はもちろん、常時にありても世評の標的たるを免れざるべし。」(『前田利為』より)

この後、昭和7年3月に三井財閥のトップの団琢磨、5月に犬養毅首相などの殺害があったのであるが、「財産上、名誉上の実力」を放棄しない限り、批判を恐れてはいけない、とのことであろうか、昭和20年まで、前田家がここに15年間居住していた。

この邸宅は空爆を免れた。占領軍幹部の住居としての活用が織り込まれていたようである。そして昭和20年から昭和32年は占領軍の居住地であった。

公園として公開されたのは昭和42年(1967年)で、その時点からでも52年が経過している。平成25年(2013年)には旧前田家本邸として重要文化財に指定され、平成30年10月に洋館の修復工事終え、昭和初期に建てられた大名華族の邸宅を後世に残していくことになった。そこは、日本の歴史をさまざまな角度から考える場ともなるだろう。

| | コメント (0)

昭和初期の日本陸軍の人たちを顧みる(19-8-10)

1925年(大正14年)に渋谷の道玄坂上に二葉亭というレストランが誕生した。西欧諸国で8年料理の修行をしたという料理人の店で、東京でも有名店となっていたそうだ。

当時の地図を見ると、場所は道玄坂上交番の交差点から国道246号に向かう方向にある。246の道路ができたのは1960年代だから、その場所がどのあたりかは分かりにくい。

その二葉亭で1927年(昭和2年)ごろから20名ほどの陸軍将校が会合を重ねていて、その会は二葉会とよばれていた。その中心となるメンバーが永田鉄山、小畑敏四郎で、共に前田利為侯爵と共に、陸軍大学23期の優等同期生であった。その会が陸軍に影響を及ぼし、さまざまな人事抗争、方針の曲折を経て、最終的に太平洋戦争開戦に至ることにもなったのである。

前田侯爵の駒場邸が完成したのが1930年で、その主人である前田利為侯爵はイギリスから3年の勤務を終えてその年の9月末に帰国。それから間もない11月14日に浜口雄幸首相が東京駅で狙撃されてから、毎年クーデター計画や暗殺事件が起きている。いずれも陸軍将校によるものだが、1932年の5・15事件は海軍将校が主体であった。

そして1935年8月12日午前、永田鉄山陸軍省軍務局長が軍務局長室で相沢三郎中佐に日本刀で斬殺されるという事件が起こった。それから半年後の2月26日に2・26事件があったのだが、その間、前田利為少将は参謀本部第四部長で陸軍省に通っていた。

永田鉄山少将の自宅は松濤の観世能楽堂のあった場所の近所のようで、間取りは1階が8畳、6畳2間、3畳の玄関であったという。また2・26事件で首相官邸襲撃を指揮した栗原安秀中尉は駒場1丁目の崖下にその住居があった。2・26事件関係者の処刑があった陸軍刑務所は現在渋谷区役所などになっている。

2・26事件などに影響を与えたことで処刑された北一輝の著書『日本改造法案大綱』では、華族制の廃止を訴えている。ほぼ当時のままの姿で残った華族の邸宅旧前田家本邸から、昭和の軍閥や青年将校の活動の舞台、更には2・26事件の慰霊像を見て回ることで、陸軍が国を動かしていた昭和初期という時代に思いを馳せてみたい。

 

| | コメント (0)

前田侯爵邸と鍋島侯爵邸(19-8-7)

重要文化財旧前田家本邸が前田侯爵の邸宅であった期間は昭和5年から17年までのわずか12年。その頃、邸宅の隣は、現在は東大教養学部のキャンパスとなっていて、その先、渋谷区松濤には鍋島侯爵家の邸宅があった。直線距離なら前田邸からちょうど1キロという位置になる。

邸宅は現在の松濤中学とその周囲を含んでいたようで、当時の地図を見ると、その敷地面積は前田侯爵邸に劣らなかったようである。鍋島松濤公園は鍋島家が昭和7年に東京都に寄贈したもので、現在は渋谷区立公園となっているが、その部分は鍋島侯爵の邸宅の敷地ではなかった。

鍋島家は佐賀藩の大名家で石高は35.7万石。石高では長州萩藩と水戸藩との間であるから、明治になって侯爵とされたのだろう。

徳川時代には紀伊徳川家の下屋敷だった松濤を鍋島家が明治になって買受け、茶畑としていたのだが、その中心部を邸宅とし、茶畑は住宅地として分譲されていった。

また、鍋島直大侯爵の3女が前田家15代当主前田利嗣の夫人となり、その長女と養子となって結婚したのが駒場に邸宅を作った前田家16代当主の前田利為侯爵なのである。

鍋島直大侯爵の2女は松平恒夫に嫁ぎ、その邸宅は駒場に前田邸ができた当時松濤にあった。松平恒雄は会津藩主松平容堂の6男で、昭和5年に利為侯爵が駐在武官として滞英中に駐英国大使であったという縁もある。

昭和20年5月の山手大空襲で松濤も多くの住宅が焼け、鍋島侯爵邸の跡地に昭和26年、松濤中学の校舎が建設された。

前田侯爵邸が激動の昭和初期の姿を現在に残していることの意義を考えさせるものである。

| | コメント (0)

旧前田家本邸が伝えること(19-8-2)

旧前田家本邸が昭和50年に目黒区立駒場公園となってから44年、都立駒場公園になってからだと52年も経過しているが、歴史遺産として現在のわれわれに伝えていることは多面的なのである。

館内ガイドでは、チューダー様式という建築様式、銘木などの建築資材、昭和初期の上流華族の生活、といったことが案内されるのであるが、この邸宅が建設された背景と、前田利為侯爵一家が居住していた昭和5年から昭和17年の12年間という日本史上でも極めて重要な期間を想起させる場となる側面も忘れてはなるまい。

前田利為侯爵が3年間の駐在武官として勤務したロンドンから帰国して、この邸宅の主人となってからわずか1年後の9月18日の夜、満州事変が勃発した。それから11年後、ミドウェイ海戦により、太平洋戦争で日本が守勢に回ったのが昭和17年6月。その年の9月に前田侯爵邸は主人を失った。

その間に、主人の職場ともいえる陸軍では、昭和6年3月のクーデター計画「3月事件」、10月の陸軍史上最大級ともいわれるクーデター計画「10月事件」、海軍将校を中心とするものであるが、昭和7年5月の「5・15事件」、昭和10年8月陸軍省庁舎内での永田鉄山軍務局長の暗殺。そして昭和11年2月には「2・26事件」が起きている。

そしてその翌年、昭和12年7月からは日中戦争に突入する。

前田利為侯爵は昭和12年11月に満州に派遣されるが、翌年12月には参謀本部付となり帰京する。事実上の解任だろうか。

昭和14年から昭和17年4月に臨時招集を受けるまでの3年間は、主として貴族院議員として活動した。昭和15年9月は日独伊三国同盟の成立、10月には大政翼賛会が発足し、昭和16年に太平洋戦争への道に進むことになった。

当時の前田侯爵邸はそのような環境の中にあったのである。



| | コメント (0)

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »