« 江戸と東京 (19-6-29) | トップページ | 目黒区の参議院選挙結果(19-7-23) »

旧前田家本邸保存活用計画(19-7-5)

「重要文化財旧前田家本邸」の洋館は東京都の管理となっているが、庭園と和館は目黒区の管理である。目黒区はその保存管理計画を平成22年3月31日付けの冊子で公表している。編集は目黒区のみどりと公園課ではあるが、委託先が公益財団法人文化財建造物保存技術協会となっており、その改訂版を作るとしても、専門知識の面から協力が必要になるのだろう。

 とはいえ、この10年の間には平成25年に国の重要文化財に指定され、昨年10月には洋館の改修工事が終わって一般公開されている。

 ホームページは今年の4月に更新されているが、中身はこの10年でどうなったのか。平成22年度から26年度まで、それぞれ保存・修復工事をすることになっているが、そこにはない耐震補強工事をしているものの、詳細は分からない。目黒区民の関心が多いとも思えないから議会も触れないだろう。

 https://www.city.meguro.tokyo.jp/gyosei/keikaku/torikumi/komaba_bunkazai/hozon_keikaku.html

 来館者からは何故無料なのか、維持管理の費用はどうするのか、との声が、主として東京都が管理する洋館に対してとはいえ多く聞かれる。

 重要文化財旧前田家本邸が目黒区立の公園ということでよいのかどうかを含め、目黒区民や近隣住民に限らない幅広い方面からの検討がされてよいのではないか。今回の洋館の修復により、庭園全域を目黒区の管理としておくには荷が重すぎる文化財になったとも思えるのだが。

|

« 江戸と東京 (19-6-29) | トップページ | 目黒区の参議院選挙結果(19-7-23) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 江戸と東京 (19-6-29) | トップページ | 目黒区の参議院選挙結果(19-7-23) »