« 日本!起死回生 (19-5-14) | トップページ | 国家公務員駒場住宅跡地活用の見通し (19-6-12) »

ケルネル先生推奨の店 (19-6-3)

 井の頭線の電車の窓からも見えるケルネル田んぼ。駒場野公園の一部なのだが、その名前は駒場農学校から東京帝国大学の教員であったオスカル・ケルネル先生の名前によるもの。

ケルネル先生は1881年に明治政府の招きで来日。その時は30歳で日本人女性と結婚して1892年まで11年間教鞭をとったが、翌年ドイツに帰国した。1911年9月に60歳で急逝している。

ケルネル先生は、駒場では、植物栄養、土壌、肥料、などを教えていたが、その試験田として使っていた田んぼということからなのか、現在残っている田んぼがケルネル田んぼと呼ばれるようになったのである。

そんなケルネル田んぼの線路を挟んで向かい側に、ドイツの自然食品メーカー、ザイテンバッハ社のエナジーオーツ・スナックなどを販売する店ができた。店の名前はFitness in  Life the KIOSK

店内に入らずに、半地下の店の窓から膝を曲げて受け取ることもできるという、ユニークな店である。プロテインドリンクやコーヒーを飲むこともできる。

この店独自の手製ドイツ風サンドイッチを購入し、駒場野公園のベンチでケルネル田んぼを眺めながら食べるのがおすすめ。ケルネル先生も喜んでくれるだろう。

詳しくはWEBで https://fitnessinlife.shop/

Fittness_2

Fitness_1

|

« 日本!起死回生 (19-5-14) | トップページ | 国家公務員駒場住宅跡地活用の見通し (19-6-12) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本!起死回生 (19-5-14) | トップページ | 国家公務員駒場住宅跡地活用の見通し (19-6-12) »