« 議員の広報戦略 (19-5-12) | トップページ | ケルネル先生推奨の店 (19-6-3) »

日本!起死回生 (19-5-14)

今から30年後の2049年、日本の人口は9900万人になっている、という時代にあって、65歳の女性主人公が過去を回想しながら、日本の少子化に歯止めをかけるべく将来に向けての行動をしているという内容の小説である。

 「中絶見直し党」が2020年に結党され、党首は1975年生まれの女性。彼女には多くの講演録のある中で、2022年のものが最も有名だとする。

 そこには人口減少を食い止める具体案として提示したものがあるので紹介する。

 1.人工授精等、出産のために懸命に努力している女性に出産支援金を差し上げるべく、新しく作る基金に寄付していただく。

 2.日本民族の絶滅危機を一時も忘れず、意識を高めていくための「『まま滅』ひと声かけ運動」をする。『まま滅』とは、「このままでは、絶滅してしまうけど・・・」という枕詞の短縮形。「まま滅だけど賛成」「まま滅だから反対」というふうに使う。

 3.セクハラ考えすぎだよキャンペーン

 4.幸せ大家族表彰運動と社会学的哲学的分析の強化

 主人公が50歳になったときというから2034年ごろか、「おこし玉運動」をはじめた。乳児をかかえた母親にあったときに、その場で5千円とか1万円を寄付するというものである。

 その他、AIなどの技術を踏まえたいくつものアイディア盛り込まれている。詳細は本書を手に取っていただきたい。

(このブログからアマゾンの広告に飛べなくなったようなので、得票数11位から20位までの目黒区議会議員一覧の下のアイコンをご利用ください)

http://www.shibuya-west.tokyo/1_giin_2.html  

 

|

« 議員の広報戦略 (19-5-12) | トップページ | ケルネル先生推奨の店 (19-6-3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 議員の広報戦略 (19-5-12) | トップページ | ケルネル先生推奨の店 (19-6-3) »