« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

駒場風土記 (19-3-12)

子供の時からそこに住んでいなかった人はもちろん、親の代からの住民であった人たちでも、その地域のことを案外知らないのが東京圏の人たちのようである。

まず、郷土史への関心が乏しい。郷土史の最小単位が目黒区とか、渋谷区ということで、住んでいるところとの実感を持ちにくいのだろう。そもそも大部の区史を読む気にもなるまいし、区切り方が難しいので適当な冊子もない。

駒場地域の郷土史のみならず、駒場の今を知ることができるなら、学生でもこの地に愛着がわいてくるのではないか。

そこで、そんな情報を閲覧できるサイトを作ることにした。タイトルは『駒場風土記』。範囲は「駒場町会」、「氷川台町会」、「上八北自治会」の青葉台4丁目と大橋2丁目、「上八町会」の大橋2丁目のエリアとする。4か所の避難所運営の体制をつくっている駒場防災会議で住民のつながりのある地域なのである。

氷川神社からリサーチキャンパスの正門までを結ぶ目黒区の北端部にあたり、人口は約1万3千人。歴史は旧石器時代にまでさかのぼり、徳川時代からは幕府の御用地で、徳川将軍と加賀前田家ゆかりの地でもある。そこには、典籍や古文書を中心に国宝22件、重要文化財77件等を収蔵する「尊経閣文庫」、近現代文学の資料を保管する「近代日本文学館」、新古工芸品約17000点を収蔵する「日本民藝館」があり、いうまでもなく、東京大学では数多くの学術・文化活動をしている。

住民の数は約1万3千人なのだが、東京大学の教職員と学生だけでも同程度の規模になる。そんな地域の様子を10のエリアに分けて紹介し、4月に公開して以後随時更新していくことにする。地域メディアといえるものを目指したい。

| | コメント (0)

人生100年時代のまちづくり (19-3-3)

北部いきいき支え合いネットワークが発足して1年ということで、1月21日に「地域の支え合いセミナー」が開催された。日本社会事業大学の菱沼幹男准教授の講演を受けて参加者が話し合うというもの。参加者数は北部地区包括支援センターと目黒区社会福祉協議会のスタッフを別にすると41名。その中から19名の方がアンケートに回答している。
講演の内容は、なぜ地域の支え合いが大切なのか、ということで、人との交流があったものの死亡した時点で孤独であったという孤独死と、社会的つながりがなく、孤立状態で死亡後発見まで時間がかかる孤立死についてふれられた。
アンケートの回答を見ると、居場所、老人クラブ、外出しない高齢者、などなどの課題が記述されている。

一方、全国レベルでは、3月1日に「人生100年時代のまちづくり~コミュニティで創るイノベーションプラットフォーム~」と題するシンポジウムが東京大学で行われた。科学技術振興機構にて採択されたプロジェクトで、東京大学高齢社会総合研究機構が取りまとめを行ったものである。
その中で配布された資料に「おたがいさまで楽しく暮らそう!」と題した実践ガイドの冊子がある。「おたがいさまコミュニティ」を提案するもので、超高齢社会の到来に向けて、多様な世代・立場の人たちが、地域の課題や変化を「わが事」としてとらえ、「あったらいいな」と思うことを楽しく形にしていくコミュニティづくりの考え方、としている。

コミュニティということでは町会が見直されているという。70年代にはやった町会とは別に行政により立ち上げられたものはうまくいっていないとのコメントもあった。
町会のコミュニティとしての機能は、例えば盆踊りを主催すること。見直されているとはいえ、役員の引き受け手にはどこも苦労しているようだ。

そんなことなどを意見交換をする場が「こまば高齢社会勉強会」。毎月第4火曜日の午後1時半から愛隣会のここからカフェで開催している。次回3月26日(火)は「おたがいさまコミュニティ」について話し合う。参加者は毎回10名程度だがどなたでも歓迎。申し込みは不要で当日会場へどうぞ、というものである。

| | コメント (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »