« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

旧前田家本邸洋館で消防演習(19-1-26)

1月26日は文化財防火デーとされている。1949年1月26日に法隆寺金堂壁画が焼損した日ということ、また空気が乾燥していて火災になりやすいということから、1955年にその日が文化財防火デーと定められ、今年で第65回目となった。文化庁・消防庁の主唱によりその日の前後に消防演習が毎年全国的に実施されている。

今年は、改修工事を終えた旧前田家本邸洋館でも、自衛消防隊、目黒消防署、目黒消防団の連携により、消防演習が行われた。

演習は目黒消防署が主体となり、訓練終了後の挨拶は、東京都教育庁と目黒消防団も兼ねて目黒消防署から。演習には避難者として駒場町会の皆さん、避難誘導役として、駒場ガイドの会のボランティアが参加した。

今回の演習により、各関係者にとっての課題となることが見つかったものと思われる。

この演習は、東京消防庁では昨年の1月26日は深大寺などで実施され、深大寺での放水の写真が文化庁のホームページに掲載されている。今年は旧前田家本邸洋館での放水の写真が掲載されるのかもしれない。

190126_1


190126_2


| | コメント (0)

山手通り沿いにできる集合住宅(19-1-9)

山手通りといっても、松見坂交差点から松濤2丁目交差点までの300メートル足らずの区間。渋目陸橋があり、目黒区駒場、青葉台、渋谷区神泉町、松濤といった地域を分断している。区界でもあり一つの地域としての住民の交流はないといってよいようだ。その区間周辺に住んでいると、一番近くのコンビニまで、店の数はあっても、どこも距離が遠く感じられるのではないか、という場所である。

そこに新たに3棟の集合住宅が、2020年から2021年前半の完成を目途に建設されることになる。

最初にできるのが2020年5月末となっている目黒区青葉台4丁目の物件。モリモトが建築主で地上10階、建築面積が1467㎡となっている。
190109_3

そのすぐ横は渋谷区神泉町となり、そこに同じくモリモトが建築主となって、地上15階、建築面積4729㎡の集合住宅を2020年12月末完成予定で、青葉台4丁目の物件と同時期となる今年の3月に着工する。
190109_4

山手通りの反対側、目黒区駒場では、現在戸建ての建物が残る敷地跡に三菱地所レジデンスが高級賃貸住宅を建設する。現存する建物の解体が1月16日から始まるが、詳細の公表は4月ごろになるようである。
190109_1

近隣では、住友不動産の地上18階から21階部分の賃貸物件、渋谷センター街奥の「ラ・トゥール宇田川」が今年の3月から入居開始となるようで、南平台では、三菱地所レジデンスが「ザ・パークハウス渋谷南平台」を2020年1月に入居予定で分譲をはじめる。大規模なのは三井不動産の「パークコート渋谷 ザ タワー」で、地上39階総戸数505戸というタワーマンション。渋谷区役所とNHK放送センターの間という立地で2021年1月に入居予定となっている。

また、山手通り沿いでは、東大裏の松濤2丁目と神山町の境界にあたるところで、13階建ての集合住宅2棟が、それぞれ2020年2月末に完成予定で工事が行われており、2020年から21年にかけて、増加するこれら居住スペースに、どのような人たちが入居するのかも気になるところである。

| | コメント (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »