« 駒場公園と旧前田家本邸 (18-11-8) | トップページ | 肥後細川庭園と加賀前田庭園(18-11-12) »

駒場と駒場野(18-11-9)

駒場公園と駒場野公園という2つの公園が井の頭線の線路を挟んである。駒場と駒場野とどう違うのか、なぜまぎらわしい名前になっているのか、調べてみた。

駒場公園も駒場野公園も徳川時代は駒場野狩場であり、その広さは15万坪で上目黒村に属していた。その広大な土地が明治になって駒場農学校の敷地となり、東京帝国大学農学部として、1935年に本郷などに移転するまで、現在の東京大学農学部の前身としてこの地にあった。

駒場野農学校ではゴロが悪いから駒場農学校にしたのではないかとも思われるがそれはわからない。いずれにせよ、駒場野から駒場へと名称が変わっていったようである。

それからくだって1967年、東京帝国大学農学部の敷地の一部で、前田侯爵邸となっていた部分が、都立駒場公園として開園した。それが1975年には目黒区に移管されて、現在目黒区立駒場公園となっている。さらに11年後の1986年、今度は、東京帝国大学農学部から独立して東京農業教育専門学校となり、その後東京教育大学となっていった敷地部分が駒場野公園として開園したのである。

駒場も駒場野も元は同じ地名とすると、記号としてそれぞれを覚えるしかない。アルファベットだとKOMABA PARK、KOMABANO PARKとなる。知らない人にはわかりにくいから楽しい、という人もいるかもしれない。しかし、このままでよいものだろうか。

|
|

« 駒場公園と旧前田家本邸 (18-11-8) | トップページ | 肥後細川庭園と加賀前田庭園(18-11-12) »

駒場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 駒場公園と旧前田家本邸 (18-11-8) | トップページ | 肥後細川庭園と加賀前田庭園(18-11-12) »