« 駒場と駒場野(18-11-9) | トップページ | 肥後細川庭園のライトアップ(18-11-17) »

肥後細川庭園と加賀前田庭園(18-11-12)

駒場公園と駒場野公園の名称が混同しやすいこともあり、駒場公園の名称を変更してはどうだろうか、ということをこのブログで提案している。
そこでちょっと調べてみたら、文京区で区立公園の名称変更がされていることがわかった。昨年3月に、新江戸川公園が「肥後細川庭園」になっているのである。近くにある江戸川公園との混同を避ける意味もあったのだろうか。

この肥後細川庭園は、明治15年に熊本細川家本邸となったものが、昭和36年に都立新江戸川公園として開園し、その後、昭和50年に駒場公園と同様、都立公園から区立公園となったものである。

公園が庭園になったのは庭園の整備をしたからかもしれないが、開園時間が決まっていて、年末年始が閉園ということもあるのだろうか。

文京区にならって、駒場公園を「加賀前田庭園」に名称変更することは、東庭の整備なしには名前が泣きそうであるとしても、魅力的ではないか。すでに肥後細川庭園とめぐるバスツアーが出ているが、加賀前田庭園・旧前田家本邸との組み合わせも人気がでそうである。

|
|

« 駒場と駒場野(18-11-9) | トップページ | 肥後細川庭園のライトアップ(18-11-17) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 駒場と駒場野(18-11-9) | トップページ | 肥後細川庭園のライトアップ(18-11-17) »