« 目黒区氷川遺跡の調査 (18-10-16) | トップページ | 看板のないパスタ店 (18-10-24) »

目黒区高齢者運動会 (18-10-17)

今年で第80回という目黒区高齢者運動会が目黒区田道広場公園で開催された。毎年1回の開催だと1939年、昭和14年からということになるのだが、春秋2回開催されていた時期もあるそうなので。いつからということはすぐにはわからない。戦前からあったとすれば、戦時中など開催されなかった年もあるだろうし。

主催は目黒区老人クラブ連合会で、目黒区が協力という形になっている。共催ではない。
この種のイベントによくある来賓もなく、プログラムにあった区長挨拶も、開会前に顔を出したというもの。警察署から特殊詐欺への注意喚起があり、会場を回っていた。

目黒区には40の老人クラブがあり、そのうちの35クラブが運動会に参加した。青・黄・白・赤の4チームをそれぞれ8~9のクラブから編成し、7種目で得点を競うというものである。参加者はそれぞれのチームごとに延べ264名。参加者は2回か3回競技に出場するため、全体で4~5百名の参加というところだろうか。家族などの応援は見られなかった。

競技種目は、輪投げリレー、グラウンドゴルフボール送り、順送球、大玉転がし、ボビン転がし、ラケットボール送り、紅白玉入れの7つ。午前10時から午後3時30分までの長時間、70代を中心とする高齢者が、グランドで応援、出番待ち、競技出場という形で時間を過ごすことになる。最高齢はわかっているだけでも91歳の男性が参加している。

高齢者運動会と聞いただけで、危ないと思う人も少なくあるまい。看護師2名が待機しての開催である。とはいえ、生活する上で高齢者ゆえのリスクは多い。競技に参加できるのであれば、参加したことにより危険度がそれほど増すとも思えない。走れば転ぶこともあるかもしれないが、走る機会があってもよいのではないか。そうすることで転倒予防になるかもしれない。

いずれにせよ、この運動会に参加できる高齢者は、健康には恵まれているといえる。

開会式
181017_1

輪投げリレー
181017_2

グラウンドボール送り
181017_3

順送球
181017_4

大玉転がし
181017_5


|
|

« 目黒区氷川遺跡の調査 (18-10-16) | トップページ | 看板のないパスタ店 (18-10-24) »

地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 目黒区氷川遺跡の調査 (18-10-16) | トップページ | 看板のないパスタ店 (18-10-24) »