« 大橋病院の移転(2018-6-18) | トップページ | パソコンの故障に備えることから(18-7-20) »

消防団の将来(2018-6-22)

消防庁のホームページによると、八代将軍吉宗が、江戸南町奉行の大岡越前守に命じ、町火消「いろは四八組」を設置させたことが今日の消防団の前身といわれているらしい。
同じ画面には、昭和4~5年から、軍部の指導により、民間防空団体として防護団が各地に結成されたとの記載もある。そして警防団として昭和14年4月1日に全国一斉に発足し、昭和22年に警防団が解消され「消防団」が組織されたと書かれている。

目黒消防団も昭和22年に創設されたもので70年もの歴史を有することになる。その前身となるのが目黒警防団なのであるが、それを全国に先駆けて組織化したのは、そのころ陸軍参謀本部に勤務していた前田利為侯爵であったと、その伝記には書かれている。

駒場と東山地区の目黒消防団第一分団は前田侯爵邸のお膝元。警防団8年、消防団70年の歴史の中には数多くのエピソードがあるのだろう。

そして21世紀の現代、人口構成は全く変わり、地域内で仕事をする人も減った。消防団の担い手となる可能性のある人の数が絶対的に減っている。とはいえ、消防団に期待される役割に変わりはないだろう。では、どうすればよいのか。

消防団はポンプ操法大会に向けての夜間の訓練(写真)で、出動時に備えている。消防士とは違い、正規の雇用関係にはない消防団員で半公務員の身分。少子高齢化、人口減少時代になってその数を維持できるのかどうか。

AIなど最新の技術を使って何ができるのかであるが、消火には今のところ放水しかなさそうな中で、それを東京という地域の特性により70年前からの体制を維持するしかないのかなど気になるところ。消防団の活動にはもっと幅広い関心がもたれてよい。


180622


|
|

« 大橋病院の移転(2018-6-18) | トップページ | パソコンの故障に備えることから(18-7-20) »

地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大橋病院の移転(2018-6-18) | トップページ | パソコンの故障に備えることから(18-7-20) »