« 駒場の重要文化財(2018-5-19) | トップページ | 駒場の重要文化財-3(2018-5-29) »

駒場の重要文化財-2(2018-5-24)

昭和2年(1927)9月に前田利為が日本を出てから昭和5年(1930)9月に帰国する留守の間に、駒場の本邸の建築が行われた。帰国したのは利為45歳のときである。

最初に渡欧した1913年から1930年までの17年にわたる間、3年ずつ9年もヨーロッパに滞在したことになる。その間に、本郷に邸宅のあった日本にいたのは8年。今のように簡単には行けないばかりか、電報でなければ1か月以上かかる郵便物で情報を頼るしかないヨーロッパに、それだけの長期間滞在していると、世界の中での日本の見え方が当然違ってくるはずである。

年表で1913年から30年までのほぼ大正時代といってよい時代に生じた、ヨーロッパと日本での大きな出来事を拾ってみる。
第一次世界大戦(1914~18)、ロシア革命(1917)、パリ講和会議(1919)、国際連盟成立(1920)、ソ連邦成立(1922)、関東大震災(1923)、日本でラジオ放送開始(1925)、治安維持法・普通選挙法(1925)、パリ不戦条約(1927)、世界恐慌(1929)、ロンドン軍縮会議(1930)。
これらの出来事に、職務と社交を通じて日本と欧州で直接関わっていたことを想うと、若いころから親交があったという公爵近衛文麿をしのぐ国際感覚があったことは間違いなかろう。近衛文麿も日米開戦をためらったが、そのため内閣総辞職、東条英機が総理大臣となって太平洋戦争に突入する。

利為が神戸港に帰着したのは9月27日。それに先立ち上海で出迎えを受け、国内情勢について報告を受けている。駒場の新邸に着いたのは翌28日で、その日の午後には新任地の近衛歩兵第二連隊長として着任し、そのまま宮中・宮家を回って、夜帰邸。しかし、翌日には千葉(四街道)の下志津厩舎に向かい、10月8日になってようやく夫婦での親族への帰朝挨拶をすませた。

それから7年後の昭和12年(1937)11月から1年間満州に師団長として赴任したが、翌年12月末に参謀本部付として帰国。翌昭和14年(1939)1月末で予備役となり、現役軍人としてのキャリアを終えた。

冷静に事態に対処しようとする利為は「臆病者、平和主義者、米英迎合型人物」として中央から遠ざけられたらしい。そのような環境の中、戦後には消防団となる目黒警防団を結成せしめ、自ら後援会長になってその育成を図ったのである。

日米開戦により昭和17年(1942)4月、ボルネオ守備軍司令官の命を受け、5月に北部ボルネオに到着した。しかし、その年の9月に飛行中行方不明となり、10月に57歳の前田利為の遺体が引き上げられることになる。この年、従兄弟の近衛文麿が51歳、陸士同期の東条英機が58歳であった。

|
|

« 駒場の重要文化財(2018-5-19) | トップページ | 駒場の重要文化財-3(2018-5-29) »

駒場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 駒場の重要文化財(2018-5-19) | トップページ | 駒場の重要文化財-3(2018-5-29) »