« 東大駒場キャンパス「バラの小径」の一時閉鎖(2018-2-23) | トップページ | 地域の支え合いに向けて(2018-3-6) »

区政への参加は区議会傍聴から(2018-2-25)

目黒区議会平成30年度第1回定例会が2月5日から3月日まで開会されている。本会議場の傍聴席に入り、議員による一般質問と、それに対する区長及び教育長の答弁を傍聴すると、目黒区の現在の課題と、その解決見通しがよくわかる。インターネットでの配信も行っているが、議会内での生の臨場感による印象には代え難い。

2月23日の2時過ぎに本会議一般質問の行われている傍聴席に入ったところ、傍聴者は2人だけ。3時の休憩時間を過ぎた頃から傍聴者が増えて、ほぼ満席の状態になった。この日4番目の質問議員である鈴木まさし区議の呼びかけに応えた人たちが駆けつけためである。

質問内容は、「民間活力を活用した待機児童対策について」「空家の実態調査を踏まえた今後の対策について」「中学校の外部指導員確保に向けた支援について」の3点で、これに対し、前2点を区長、3点目は教育長が答弁した。

質問通告に基づく答弁は、区の職員が調査した現状の把握と課題の説明がどうしても多くなる。質問すれば課題が解決するようなことであれば、質問の必要もないか、やらせ質問ということになろう。時間をかけて解決の努力をするしかない。

そうして、解決のために必要なことは、区民の参加なのではないだろうか。行政に注文をつけて解決してもらうことができたのは、経済成長をしていて、財政規模が膨らんでいた時代のこと。今では地域の課題は地域の住民が自ら解決する意識をもつことが必要になっている。

そうした参加の第一歩は、個人が行政に意見なり要望などを伝えることではなく、自主的に解決する道筋を実行計画を含めて提案していくことではないかと思われる。

2月17日にリニューアルされた目黒区のホームページでも議会傍聴を呼びかけているが、区議会傍聴はそうした区政への参画の第一歩。質問内容にあった課題を共有し、地域での話題にしていくことである。区議会議員による議会傍聴の呼びかけは、そのきっかけづくりといえよう。

http://www.city.meguro.tokyo.jp/kugikai/kaigi/kaigikaisai.html

|
|

« 東大駒場キャンパス「バラの小径」の一時閉鎖(2018-2-23) | トップページ | 地域の支え合いに向けて(2018-3-6) »

地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東大駒場キャンパス「バラの小径」の一時閉鎖(2018-2-23) | トップページ | 地域の支え合いに向けて(2018-3-6) »