« 東急本店前に高層ビルが建つ(2017-12-24) | トップページ | さまざまな地域活動(2018-1-15) »

2018年の渋谷WEST (2018-1-4)

渋谷駅を起点とし、国道246の北側でJRと公園通りの西側にあたるエリアを渋谷WESTと呼んでいる。そのエリア内では、2020年まで、つまりあと2年で渋谷区庁舎を含め、6棟もの高層ビルが完成するスケジュールで工事が進んでいる。
2018年に竣工する渋谷の高層ビルは、渋谷駅再開発の最初のビルとして誕生する渋谷駅東口の「渋谷ストリーム」だけ。これは246の南側にあたるので工事中の6棟には含まない。

そんな工事中の渋谷WESTで更に工事をはじめるのが、道玄坂2丁目の裏町。正面はドンキホーテのあったビルである。
D2_4

東急本店前と丘の上の人通りのなかった裏町が工事現場となる。
D2_3

その上のホテル街の一部も再開発の対象。
D2_2

何10年も駐車場だった場所にも、いよいよ高層ビルができることになった。
D2_1

道玄坂小路のLABIの裏手も同じビルの敷地となる。
D2_6

ネズミ駆除をするとのことで、対象エリアの地図も掲示されている。
D2_5

2018年は1年がかりの解体工事で、建築工事は2019年からとなっているから、完成は渋谷駅の再開発が完了する2028年よりは早いだろう。
複雑な地形の上に建つ28階建て高層ビルは、渋谷のランドマークともなるはず。周辺への土地利用への影響の大きさを考えるとき、渋谷駅の再開発にも勝るほどのインパクトがありそうだ。
2018年の渋谷WESTは、このプロジェクトを睨んだ周辺の動きに注目したい。


|
|

« 東急本店前に高層ビルが建つ(2017-12-24) | トップページ | さまざまな地域活動(2018-1-15) »

渋谷WEST」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東急本店前に高層ビルが建つ(2017-12-24) | トップページ | さまざまな地域活動(2018-1-15) »