« 2017年12月 | トップページ

2018年1月

さまざまな地域活動(2018-1-15)

14日に目黒区庁舎で第3回の地域づくりフォーラムが開催された。目黒区介護保険課地域支援事業推進係が担当なので、地域活動は社会福祉協議会や包括支援センターの担当分野になる。その立場から、目黒区を南部、東部、西部、北部、中央の地域に分けて、それぞれに協議体を設置するための啓発イベントであったといえよう。

「町会・自治会、住区住民会議、老人クラブ、民生委員・児童委員、区民ボランティアなど多様な担い手のもと、地域課題の解決のための様々な取り組み」がされていることをを踏まえ、一層充実した支え合いの仕組みを構築していくことが必要とされる、というのがフォーラム開催の趣旨。

そのために、協議体が設置されることになるのだが、コミュニティデザインの専門家である山崎亮氏によるフォーラムの基調講演であったように、効率的・効果的に協議体を立ち上げるのはよくない。「よろよろとまちを統治する」という原則が共有される必要があるのだろう。

地域活動として現在一番ホットなのが避難所運営協議会。非常事態にどのような体制で対処するかという課題に直面している。これもやはり、効率的・効果的にというわけにはいかないことを理解いただいた上、多くの人たちに関心をもって欲しいことである。

新たに設置されることになる協議体は、 地域課題の解決のための様々な取り組みを既にされている方々に、これまでとは違う切り口から地域を見てもらうことになるのか。将来に向かって、高齢者の支援体制の担い手になろうというボランティア活動に、どれだけ多くの共鳴が得られるかが鍵であろう。既存の地域活動のボランティアが減っているという現実がある。その上で、ボランティアの楽しさを感覚に訴える努力は、おそらく行政・政府の仕事なのだろう。

そこで、ボランティア活動が盛んになって困るのはテレビ局、というのは妄想かも知れないけれど、高齢者のボランティア活動が活発になると、テレビを見る時間は減るはずである。

| | コメント (0)
|

2018年の渋谷WEST (2018-1-4)

渋谷駅を起点とし、国道246の北側でJRと公園通りの西側にあたるエリアを渋谷WESTと呼んでいる。そのエリア内では、2020年まで、つまりあと2年で渋谷区庁舎を含め、6棟もの高層ビルが完成するスケジュールで工事が進んでいる。
2018年に竣工する渋谷の高層ビルは、渋谷駅再開発の最初のビルとして誕生する渋谷駅東口の「渋谷ストリーム」だけ。これは246の南側にあたるので工事中の6棟には含まない。

そんな工事中の渋谷WESTで更に工事をはじめるのが、道玄坂2丁目の裏町。正面はドンキホーテのあったビルである。
D2_4

東急本店前と丘の上の人通りのなかった裏町が工事現場となる。
D2_3

その上のホテル街の一部も再開発の対象。
D2_2

何10年も駐車場だった場所にも、いよいよ高層ビルができることになった。
D2_1

道玄坂小路のLABIの裏手も同じビルの敷地となる。
D2_6

ネズミ駆除をするとのことで、対象エリアの地図も掲示されている。
D2_5

2018年は1年がかりの解体工事で、建築工事は2019年からとなっているから、完成は渋谷駅の再開発が完了する2028年よりは早いだろう。
複雑な地形の上に建つ28階建て高層ビルは、渋谷のランドマークともなるはず。周辺への土地利用への影響の大きさを考えるとき、渋谷駅の再開発にも勝るほどのインパクトがありそうだ。
2018年の渋谷WESTは、このプロジェクトを睨んだ周辺の動きに注目したい。


| | コメント (1)
|

« 2017年12月 | トップページ