« ギンナンの季節(2017-10-27) | トップページ | 紙と電話からの解放を(2017-11-10) »

選挙結果を振り返る(2017-10-30)

衆議院選挙が終わった。それでどうなるのかはともかく、目黒区での主要政党別選挙結果を振り返ってみる。比例区での得票数を見ると以下の通りであった。
自由民主党:40831、立憲民主党:32177、希望の党:21743、日本共産党:12296、公明党:9716、日本維新の会:4399。
選挙区では5区で自民・立憲(比例復活)、7区で立憲・自民(比例復活)で2人ずつ当選となり、自民党が勝利したとはいいがたい結果である。

これを前回、2014年の衆議院選比例区の得票数と比べると、自民は41350から40831に若干ではあるが減っている。
これに対して、2014年の民主党の得票が25724だったのが、今回立憲民主党を立ち上げて32177と大きくその数を伸ばしていることは注目に値する。希望の党の得票数21743も、前回の民主党の得票数に迫るものであった。ちなみに投票率は2014年54.49%、2017年54.43%なので、その差は無視してもよいだろう。

一方、政党として安定している共産党と公明党ついては、共産党が2014年の17160から12296に3割近く得票数を落としているのに対し、公明党は10499から 9716と微減。

次の選挙は2019年4月の区議会議員選挙なのだろう。定数36に対して、公明6、共産5を指定席として、残る25議席を自民(現議席13)、民進(3)、維新(2)、無所属(6)で競うことになるのか。目黒区議会は若くて女性比率も高い。候補者としては無所属で当選できるならそのほうが政党とのしがらみがなくてよいのだが、議会では会派としての主張が有効なこともあろう。

政治とは国政のことであるかのように唱えるのは、マスメディアやそこから原稿料や出演料を得る、識者と呼ばれる人たちの営業上の都合なのではないか。新聞を読まず、テレビを見ない世代が社会の主役になってきているとき、地方議員の役割はもっと見直されて良い。

|

« ギンナンの季節(2017-10-27) | トップページ | 紙と電話からの解放を(2017-11-10) »

地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ギンナンの季節(2017-10-27) | トップページ | 紙と電話からの解放を(2017-11-10) »