« 選挙戦が始まった(2017-10-11) | トップページ | 選挙結果を振り返る(2017-10-30) »

ギンナンの季節(2017-10-27)

イチョウは黄葉する前に大量のギンナンを落とす。踏むと悪臭が漂うことで、嫌われることも多いが、食用にもなる。量がすぎると体に害があるそうなのだが、太古の時代から貴重な食材であったことだろう。日本列島では米を知る前から食べられていたに違いない。

そんな食材が路上に放置されている。物を拾って食べるというのは今の時代には合わないのだろうか。10年前までは、東大駒場キャンパスのイチョウ並木のギンナンが落ちると、待っていたとばかりに拾う人が多かったようなのだが、最近は多くの量が残っている。

拾ってから食べられるようになるまでの手間暇や悪臭を考えてか、食材としての魅力に乏しいのか、拾う人が少なくなっているように思われるのである。

ギンナンの食べ方としては茶碗蒸しに一粒とか、3粒ほど串刺しにしたものを2本、酒の肴として出すとか。手間をかけるほどの有用性はないのかもしれないが、拾って食べられるものは他になかなか思いつかない。食べられるものが目の前に落ちていると拾いたくなるのは生き物としての人間の本能であるはず。自然の恵みを直接味わうことのできる機会としてギンナン拾いを考えたい。

171027


|
|

« 選挙戦が始まった(2017-10-11) | トップページ | 選挙結果を振り返る(2017-10-30) »

駒場キャンパス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 選挙戦が始まった(2017-10-11) | トップページ | 選挙結果を振り返る(2017-10-30) »