« 渋谷の過去と未来(2017-9-9) | トップページ | 万葉集で学ぶ日本の歴史(2017-9-23) »

渋谷だけの北欧ビール(2017-9-13)

渋谷センター街や文化村通りを歩く外国人が目立つ。外国人とは一見ではわかりにくい韓国・中国・台湾・香港からの旅行者数が、統計上では訪日外国人の4分の3を占めることを考えると、歩いている人の過半数が外国人なのかも知れない。メガドンキに行くと中国人らしき客の多いことがことばでわかり、その対応のためのであろう、レジ担当の3分の2は中国語圏出身の人のようである。国際観光都市を目指すなら、そうでなくてはなるまい。

東京には外国人が多く集まる飲食店がエリアごとにあるようだが、渋谷にもアジアのさまざまな国の人が経営する飲食店が以前からある。そんな中でも北欧のデンマークとノルウェーでスタートした小規模のビールメーカーが今年渋谷に進出したことには注目したい。

そのひとつはOL。北欧のことばでビールを意味するらしい。ノルウェーのOslobrewing Companyという2015年に創設された会社の直営店で、ノルウェーの首都オスロと渋谷にだけ店がある。場所は渋谷センター街バスケットボールストリートを神山町に向かって進む宇田川暗渠の道筋。その先には、やはりオスロが本拠のコーヒー店FUGURENがある。
170913_1

もう一つのミッケラーはデンマークで2006年に創業。創業者は数学と物理の教師とジャーナリストの二人という。現在は世界12都市でバーを出店している。渋谷の百軒店に日本では初めての店を出したのは今年の春である。

170913_2

いずれの店でも日本産の地ビールとも呼ばれるクラフトビールを提供する。そしてその場所が表通りではなく、初めてではなかなか分かりにくい狭い道に面していることも共通する。といっても渋谷駅から徒歩10分圏内、東急本店からだといずれも5分以内の距離。渋谷の新しい魅力が生まれるエリアになりそうである。


|
|

« 渋谷の過去と未来(2017-9-9) | トップページ | 万葉集で学ぶ日本の歴史(2017-9-23) »

お店の紹介」カテゴリの記事

コメント

[url] http://xeanon.com/companies/301/Рекламное агентство «VIP – инфо» [/url]

投稿: Irinariz | 2017年9月29日 (金) 19時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 渋谷の過去と未来(2017-9-9) | トップページ | 万葉集で学ぶ日本の歴史(2017-9-23) »