« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

デジタル・ディバイド再び(2017-8-30)

デジタル・ディバイドということばが使われはじめて7~8年。情報機器、特にインターネットを使えるかどうかによる情報格差を指しているが、現在はそれがSNSを利用しているかどうかによる情報格差に広がっているようである。

SNSというのは、パソコンやスマホを使ってツイッター、フェイスブック、LINE、インスタグラム、そしてすっかり定着しているといってよいブログも含め、個人で近況などを共有するインターネット上のシステムのことであることはいうまでもない。とりわけ手軽なLINEの活用が進んでいる。小学生からSNSを使いこなす時代になっていることは確かである。

しかし、一方では、電子メールを使うこともなく、いまだに電話とFAXに頼る高齢者は多い。電子メールを使っていても、電話でのやりとりの方が慣れているような人も特に男性に目立つ。仕事を電話でこなしてきたからなのだろうか。

電子メールが使えないことによる情報格差が第一次デジタル・ディバイドとすると、SNSが使えないことによる情報格差は第二次デジタル・ディバイドともいえるかもしれない。

LINEグループの仲間に入れない子供のイジメがあるらしい。大人の場合、LINEをしないことで、LINEグループに入れず、結果として仲間はずれにされてしまうこともあるだろう。ツイッターやフェイスブックは飲食店の有力な営業手段ともなっている。専門家によるブログでのニュース解説は、新聞・テレビを凌ぐものが多い。

選挙でもSNSの活用が拡大することは間違いない。インターネットを使わないで生活してきた世代から、ものごころついたときからインターネットがあった世代に移る過渡期に今ある。5年後には、今年あたりがその時期だったと語られるのではないだろうか。

SNSを活用していない人にはSNSのことは分からない。第一次のときほどには、デジタル・ディバイドを感じていないのかもしれないが、それがビジネスや政治の世界で命取りにならないとはいえない。

| | コメント (0)
|

85年前の駒場の地図(2017-8-23)

アメリカのスタンフォード大学が日本中の5万分の一地形図をインターネットで公開していることが話題になっている。複製された当時の地図を探せば手に取って見ることはできるにしても、インターネットで居ながらにして見ることができるのはうれしい。

そこで、目黒区のある東京西南部の地図を見てみる。この地図の発行は昭和9年(1934年)とあるがデータは昭和7年(1932年)以前のもの。明治42年(1909年)に測図したものをベースに昭和4年(1929年)、昭和7年(1932年)に修正と書かれている。目黒区が誕生したのは昭和7年(1932年)9月。それまでの東京府荏原郡目黒町と碑衾町が合併して東京市に編入され目黒区となったが、そのことはこの地図では反映されていない。1933年に開通した井の頭線の用地も見えない。

駒場近辺の地名で表記されているのは駒場、上目黒、松涛、池尻、渋谷と現在はない上通だけ。上通の地名が消えたのは1965年ごろだろうからもう半世紀も昔のことになる。上通4丁目のバス停が玉電の走っていた246沿いにあったという記憶も限られた高齢者のもの。

東大駒場キャンパスの場所が帝大農学部と明記されている他に、学校の記号のあるのは現在は駒場学園の敷地となった陸軍乗馬学校・獣医学校と菅刈小学校だけ。軍の用地にはその記載がない。道路は山手通りも旧山手通りもないが、古くからの道がどこなのかが分かる。今では目立たない道路なのだが。

100年ほど前の日本の様子が分かる地図は、世界的に見て学術的な価値があるからこそスタンフォード大学で公開したのだろう。近代日本の研究材料の一つとしてこの地図が使われ、それがどのような論文になるのか、ちょっと楽しみでもある。

https://purl.stanford.edu/vz909jc0494


170821


| | コメント (0)
|

渋谷は工事中(2017-8-20)

渋谷駅の工事が完了するのは2027年。それまでの10年の間に渋谷には大型の建物が数多く誕生する。2019年度には、渋谷駅東口に地上47階建ての屋上展望スペースをもつビルと、西口の渋谷東急プラザ跡には地上18階建ての空港バスターミナルを含むビルが完成。共に大型のショッピングスペースとなるが、その時点で東急東横店の建物の解体工事がはじまることになる。東京メトロ銀座線渋谷駅は、東急東横店の建物内から明治通りの上に移動し、2021年度に工事完了とされている。それに先立ち、渋谷駅の南側に2018年秋に地上35階建てのホテルを含むビルが誕生する。

公園通りではパルコパートⅡの跡に地上9階建ての(仮称)ヒューリック渋谷公園通りビルが年内に完成予定。その横一帯では、2019年9月竣工予定で渋谷パルコの建替え工事が行われている。公園通りのその先では渋谷公会堂と地上15階の渋谷区庁舎の工事が行われていて、これは2019年1月に開設予定。公園通りの景観がすっかり変わってしまった。
170820_3

170820_2

東急ハンズの先、宇田川町の井の頭通り沿いで建設中のビルは、地上21階のオフィスと共同住宅のビルとして2019年6月に竣工の予定で、敷地面積5226㎡、建築面積2051㎡という、渋谷としては相当大きな規模となる。2020年9月に渋谷公会堂跡地に完成する予定の、地上39階総戸数505戸といわれる超高層分譲マンションと共に、高級住宅地と繁華な商業地が隣り合わせとなる渋谷の特徴を決定づけるものとなりそうである。

以上は3年後の2020年までのこと。渋谷駅が完成する2027年までということだと、文化村通りと道玄坂のビルの裏にある高台の開発がどのようになるのかも気になる。
170820_1

すりばちの底にあるような渋谷駅と、そこに向かう表通りと裏通りが複雑に絡み合うまち。住民にとっては必ずしも魅力的とはいえないまでも、そこに果てしない魅力を感じる世界からの観光客を惹きつけ続けることであろう。

| | コメント (0)
|

渋谷WESTを開設して15年(2017-8-15)

渋谷駅の西側地域にある、さまざまな情報に接することのできるツールとなることを目指した地域情報サイト『渋谷WEST』を公開したのは2002年の8月だから、ちょうど15年が経過したことになる。
しかし、類似の地域情報サイトはないものの、食べログ、Retty、favyといった飲食店情報に検索で直接アクセスできるサイトが充実してきたため、地域情報として飲食店を紹介している『渋谷WEST』のアクセス数は停滞気味である。
とはいえ、店がSNSで積極的に発信するようになってきたのは最近のこと。エリアごとに店からの発信を見つけるサイトの有用性は高まっていると思う。

また、ホームページの利用がパソコンからスマホに移っていることから、今年の4月から6月にかけて『渋谷WEST』のデザインをスマホで閲覧しやすいように変更し、写真も削除した。内容面でもshibuya-west.comを従来通りの渋谷西側の地域とし、目黒区の青葉台の情報を加えた。
一方で、駒場地域の情報については、shibuya-west.tokyoとして分離し、目黒区の北部地区在住の方をイメージして別サイトにした。共にパソコンで見るサイトとしては寂しいものになっているが、スマホで見る分にはシンプルでよいはず。

『渋谷WEST』を立ち上げた15年前は、今30歳の人が15歳、20歳の人が5歳のときということになる。これからの15年、渋谷の街並みは目黒区青葉台も含め、これまでの15年とは比較にならないほど変わることになっている。
街並みだけではなく、このエリアでの人の交流、文化的環境にも大きな変化があるにちがいない。

この15年を振り返ると、ややもすると『渋谷WEST』の更新を放棄したような時期もあったが、これからは、変わりゆく街の状態を映し出す鏡となるようなサイトを目指し、更新頻度を高めていきたい。
さらに、地方創生にも貢献できるよう、渋谷と地方の魅力の交差点とすることも課題としていくつもりである。

170815_1


170815_2


| | コメント (2)
|

渋谷で第1回の盆踊り(2017-8-5)

5日の午後6時から渋谷109前で第1回の渋谷盆踊りが開催された。
道玄坂と文化村通りを歩行者天国にして、109前と交差点の中心あたりに舞台を設営してそこで踊りを披露するというスタイル。
170805_4

170805_2

東京五輪音頭2020の振り付けがテリー伊藤さんの紹介により、振り付けをした井出茂太さんが説明。石川さゆり・竹原ピストル・加山雄三による歌が流れる中で、踊りが披露された。
170805_1

踊りは昨日4日にYouTubeで公開されている。

これから各地で行われる盆踊りで、東京五輪音頭2020がどこまで浸透していくか、そうして世界に盆踊りがどれだけ受け入れられるか、渋谷でスタートしたこの新しい盆踊りに注目。

| | コメント (0)
|

駒場の揚げパン(2017-8-3)

いま揚げパンが人気らしい。井の頭線駒場東大前駅の線路沿いにある、駒場東大前商店街の町カフェでも独自レシピの揚げパンをはじめた。コーヒーにケーキではなく揚げパンを食べるというスタイルは、脱オシャレという新しい生き方にマッチしている。
Cafe1

カフェなのに何故か携帯電話を売っている。町会カフェというネーミングも脱オシャレ。もうオシャレな店には飽きあきなのが今のトレンドなのだろう。オシャレな店よりくつろげる店。小学生から高齢者まで、さまざまな世代の交流を楽しめるのがウリ。店の外観は駄菓子屋といったところなのである。
Cafe3

店はこの揚げパンを作り出した親切なおじさんが一人で切り盛りするが、それがほのぼのとした店の空気を漂わせている。揚げパンはそんな雰囲気にもぴったり。コーヒー300円、揚げパン100円という価格もいい。
Cafe2

この店を知らない東大生はいない、ということになる日も近いだろう。


| | コメント (0)
|

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »