« 2回目の「こまばマルシェ」(2017-6-25) | トップページ | 都議選の結果から(2017-7-3) »

都議選目黒区選挙区はこうなる(2017-6-30)

都議会議員選挙は最終日を迎える。下村、稲田、豊田の名前がメディアに氾濫する中、自民党が浮動票をどれだけとれるかが注目される。NHKの6月の世論調査では、自民党支持率は36.4%に対し、支持なしが40.8%で最多である。都議選に関しては、JX通信社の6月24・25日の調査で、都民ファースト32.2%、自民党19.5%、日本経済新聞では都民ファースト26.7%、自民党25.9%となっている。

投票率は参議院選57.1%や都知事選59.8%より少なく、前回の41.0%よりは多い45%と見ると、投票総数およそ10万票となる。無関心層に加え、民進党の候補がないことからの意識的な棄権もあるだろうから、目黒区での投票率は50%は超えまい。その上で、昨年の都知事選の結果と参議院選の比例代表得票、更には上記の最新の世論調査の動向から、各会派の得票をある程度予測できる。

期日前投票の出口調査でより正確な情報が得られているようだが、公職選挙法でアンケート調査は禁止されているので、公開は○▼等の表示に止まるが、各会派は個々の数字を得ているのだろう。

昨年の都知事選での小池票の多くが都民ファーストに投票し、政府批判票を吸収すると思われる共産党は参議院選での得票数からも有力。一方、公明の現職は4年前には17321票でトップ当選しているものの、昨年の参議院選での公明党の得票と出口調査での数字からか、圏外との報道もある。自民党への批判票が公明党に来ることはあるまい。

都民ファーストの得票が自民党の得票と同じとし、共産が都知事選での鳥越票を根拠に2万、公明が1万取るとすると、7万を都Fと自民で分け合うことになる。それぞれが35千の得票として、自民の2候補は、たとえば18千と17千といった僅差で一人当選ということになるだろう。それでも前回の都議選での自民党の得票数合計が28352なのでそれを上回る計算ではある。たとえ前回の数字を下回ったとしても、25千には届くだろうから一人の当落に影響はない。

当落とは別に各候補者の得票数に注目したい。

参考まで、目黒区の直近の選挙での得票数を都議選の票読みの基礎データとして書き出す。

2016年参議院選 投票率57.1%
自民 45680
民主 25734
共産 16646
維新 10632
公明  9714
山本太郎 6226
社民 3411
こころ 2285

2016年都知事選投票率59.8%
小池ゆりこ 61766
増田ひろや 35553
鳥越俊太郎 26989

|
|

« 2回目の「こまばマルシェ」(2017-6-25) | トップページ | 都議選の結果から(2017-7-3) »

地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2回目の「こまばマルシェ」(2017-6-25) | トップページ | 都議選の結果から(2017-7-3) »