« 滝坂道が復活(2017-5-9) | トップページ | 旧山手通り裏の神泉にできたオシャレなコーヒー店(2017-5-18) »

駒場バラ園が花ざかり(2017-5-12)

井の頭線の神泉からのトンネルの出口にある駒場バラ園は、1911年に開園して以来、ずっとバラの苗を育成・販売している。106年の歴史があり、日本のバラ園芸の草分け的な存在なのである。
井の頭線が開通したのは1933年だから駒場バラ園ができてから12年後となる。井の頭線の線路ができてからも、駒場バラ園の前には1960年代ごろまでは踏切があり、松涛方面からの距離が近く、場所もわかりやすかったといえるのだろう。山手通りが現在の形になったのは1964年の東京オリンピックを目標として。それまでは周囲に畑もあったという。
今は踏切もなくなり、行き止まりのような自動車が1台やっと通り、それでいて一方通行でない道の終点のような場所にあるということになっている。

そんな駒場バラ園に100年前と同じように今年もバラが咲いた。老舗の香りをゆっくりと味わいたい。

170512_1


170512_3


170512_2


|
|

« 滝坂道が復活(2017-5-9) | トップページ | 旧山手通り裏の神泉にできたオシャレなコーヒー店(2017-5-18) »

駒場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 滝坂道が復活(2017-5-9) | トップページ | 旧山手通り裏の神泉にできたオシャレなコーヒー店(2017-5-18) »