« 駒場苑で見学会と講演会(2017-1-20) | トップページ | 千代田区長選から都議選へ(2017-2-6) »

駒場でバラを楽しむ(2017-1-28)

緑の多い駒場を彩るバラの花壇。バラ花壇の魅力は、1月末から4月までの期間の他であれば、ほとんどいつでも花を眺められることにもあるだろう。花壇に咲くバラは、花瓶で飾る切花のバラとは違うもの。切花用のバラには品種名があるとはいえ、意識されることがあまりないのに対し、鉢植えや花壇のバラはさまざまな品種名で呼ばれる。

バラの品種は、京成バラ園芸の通販で販売されている品種だけでも500品種にのぼる。その上に毎年新品種が世界中で作られている。共通の話題になりうるのは著名とされる100品種位だろうか。マダム・ヴィオレ、クイーン・エリザベス、ピエール・ドゥ・ロンサーヌといったカタカナの品種だけでなく、聖火、芳純、しのぶれど、など、漢字・平仮名の名前のものもある。

駒場の公園や学校の敷地で、そうしたさまざまな品種のバラの世話をしているのが駒場バラ会。駒場に限らず、バラに関心のある近隣地域のひとたちが、公共のバラ花壇の管理に参加しているボランティア団体である。

バラの魅力から、鉢を買ってみたり、ツルバラを植えてみたいということもあるだろう。そのようなときには一人で悩むことなく、経験者に相談するのが手っ取り早いことはいうまでもない。駒場バラ会で活動に参加すると、そんな時の相談相手になってもらえる人もいる。

自分のバラを育てるまでのことはしないまでも、さまざまな品種のバラを楽しむことがバラ会に入ることで可能だ。花と共にある喜びは手入れをしてこそ味わえる。

活動は毎週木曜日の午前中と第2日曜日の午後で、その中で都合のよい日に参加することになっている。いつでも入会可能なので、木曜日の午前11時ごろに東大駒場キャンパス正門横のバラ花壇での活動の模様を見学するとよい。

駒場は目黒区なのだが、区内からの公共交通機関がなく、自動車は道路が一方通行でわかりにくい。自転車や徒歩だと坂がきついということで、敬遠されている。世田谷区の代沢や渋谷区の富ヶ谷・上原からの方が来やすいともいえる。東大駒場キャンパスに現在通っている人、かつて通ったことのある人ならば、母校の環境に貢献することにもなるだろう。

いずれにしても、駒場バラ会では新しく入会される方を歓迎している。


Blog1701


Blog1701_2


|
|

« 駒場苑で見学会と講演会(2017-1-20) | トップページ | 千代田区長選から都議選へ(2017-2-6) »

駒場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 駒場苑で見学会と講演会(2017-1-20) | トップページ | 千代田区長選から都議選へ(2017-2-6) »