« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

奥渋谷でお金の使い方についてのトークイベント(2016-11-26)

25日夜、奥渋谷で、”MATSUKIN”、月末の金曜日にどうお金を使うのか、という趣旨でのトークイベントが、SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS(SPBS)を会場に、同社の福井盛太代表による司会進行で行われた。「FUGLEN TOKYO」「PATH」「Minimal-Bean to Bar Chocolate」「SHIBUYA CHEESE STAND」「SPBS」「UPLINK 渋谷」の参加による1日だけイベントの一環である。

ゲストスピーカーは、ぱあちゅうさん(ブロガー/作家/コメンテーター)、村上萌さん(NEXTWEEKEND代表)、藤川真至さん(SHIBUYA CHEESE STAND)、小島賢治さん(FUGLEN TOKYO)、原太一さん(PATH) の面々で、とても興味深く、中身の濃いものであったといえよう。

奥渋谷とは神山町の商店街を中心に代々木八幡駅あたりまでのエリアをゆるくそう呼んでいるようである。ワンランク上の渋谷、という発言もあった。客席が満席となった中で語られたことをまとめると次のようなことだろうか。

お金を使うことは応援することであり、投資でもある。透明性のあるお金の使い方が求められる。いいお店にはいいお客がいる。お客様は神様ということばがあるが、客であれば何でもOKということはないのではないか。日本では店のスタッフを下僕扱いするが、海外ではそうではない、との指摘も。価格で客を選ぶということも視野におかなくてはならないだろう。

利用する立場からすると、知っているところ、信頼できる所にお金を使うことであり、お店の側からは、一時的な人気で商売すると息切れする。客との信頼関係が大事、ということになる。店にファンがつき、客のコミュニティともなることが、個人店の生き残りには必要といえよう。

奥渋谷は豊かな時間が流れている暮らしのある場所。朝の外食ができて、夜遅くまで遊べる。そんな魅力に惹かれ、特定の店だけではなく、その地域に愛着を感じてもらうことも望まれるのかもしれない。

トークイベントで語られたことは、奥渋谷に限らず、ということであろう。裏渋谷、松濤文化村通り、円山町など、渋谷のさまざまなパーツで、店ごとにコミュニティはできているとしても、それぞれの地域で、その個性を愛する人たちの地域コミュニティがもっと意識されるようになることが期待されるのではなかろうか。

161125_2


| | コメント (0)
|

目黒区青葉台に注目(2016-11-15)

青葉台というと、田園都市線にその名の駅があるせいか、横浜市青葉区の青葉台を思い浮かべる人が多いようだ。地元の渋谷駅でさえ、タクシーをつかまえて運転手に青葉台と告げると「高速でいきますか」と聞かれたりするとか。

住居表示で目黒区青葉台というのは、山手通りと旧山手通りに挟まれたエリアで、東横線の線路から数えて目黒川にかかる3つ目の橋より上流にあたる。目黒川と旧山手通りの間は急な坂道で結ばれていて、坂の上は高級住宅地となっている。有名人も多く住むらしい。

目黒区に青葉台という地名ができたのは1968年。昭和43年である。それまでは上目黒の一部だったから、地元の町会にも小学校にも青葉台の名はない。バス停も淡島通りに青葉台4丁目があるだけなのである。店ができると所在地は中目黒とか目黒川沿いと表現することが普通である。

つい最近も、スターバックスの焙煎工場の中のカフェというスタイルで世界で4番目となるロースタリーが、2018年12月に中目黒にオープンすると発表されて話題になった。場所は青葉台2丁目の目黒川沿いで、ドンキホーテの上流側になる。
161115_1

2019年4月には東京音楽大学が青葉台に接する上目黒に新しいキャンパスが開校。旧山手通りから目黒川への斜面沿いの青葉台一帯が、観光スポットとして一層注目されることになるだろう。

そんな流れを先取りするかのような動きが活発で、新しいスタイルの店が続々と開店している。このエリアを中目黒駅周辺と同じ中目黒と呼び続けるか、それとも青葉台ブランドが創られるのか。いずれにしても、これからの変貌が楽しみである。

161115_2


161115_3


161115_4


161115_5


| | コメント (0)
|

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »