« 目黒区区有施設見直し計画(2016-10-17) | トップページ | 目黒区青葉台に注目(2016-11-15) »

コミュニティ・リビングという目標(2016-10-23)

「高齢社会のまちづくりの最終目標は、高齢者を施設に収容するのではなく、地域の人々が相互に助け合い活き活きと暮らすコミュニティをグループ・ホーム化すること(コミュニティ・リビング)です」「このようなコミュニティでの活動を支える軸となるのは、住民組織やNPO、地元企業などの地域密着型組織です」というのは『東大がつくった高齢社会の教科書』にあるまちづくりの考え方である。この教科書は東京大学高齢社会総合研究機構によるもので、国の政策もこの方向に向かっているといってよいだろう。

目黒区では「地域づくりフォーラム 広げよう つなげよう 目黒のささえあい」ということで、健康福祉部がこの問題に関心のある区民に働きかけをしている。

しかし、コミュニティ・リビングという考え方は共有できても、それを具体化したものは、同じ目黒区内でも地域ごとに違ったものになる。駒場地区であれば、駒場寿会、愛隣会の「ここからカフェ」、それに氷川神社の社子屋がそうした動きに対応できそうだ。地域密着型組織として、町会、住区住民会議のあることはいうまでもないが、その活動が活発化しているかどうか。大規模災害を想定した避難所運営協議会が立ち上げられていることに期待はもてる。

高齢者は家族がめんどうをみるべきなのか、公的な施設で暮らせるようにするべきものか。といった議論はほとんど無意味ともいえそうになっている。家族のいない高齢者が増え、家族がいたとしても、世話にはなりたくないとの気持ちがある一方、施設ですべてめんどうみるには、財政面、人材面から現実的ではなくなっているからだ。

地域コミュニティーでどこまでできるのかは模索していくしかない。上目黒氷川神社が毎月15日午後6時から東日本大震災被災地への寄付金つき千円という有料での開催をしている社子屋も、古くて新しい取り組みとして注目したい。

|
|

« 目黒区区有施設見直し計画(2016-10-17) | トップページ | 目黒区青葉台に注目(2016-11-15) »

地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 目黒区区有施設見直し計画(2016-10-17) | トップページ | 目黒区青葉台に注目(2016-11-15) »