« 9月の文化村エリアでのライブ公演(2016-9-1) | トップページ | 目黒区議会を傍聴して(2016-9-8) »

目黒区議会は劇場になるか?(2016-9-3)

小池劇場が都庁ではじまっている。そのメディアやインターネットでの露出度はかつてないほどといえるだろう。小池知事が強調するのは「行政の見える化」。都政に関わる意思決定過程をオープンにしていこうということである。その対象はオープンにすることで問題になりそうな事案になるのだろう。その結果がどうなるのかについては、議論が活発化することで、これまでの都政の意思決定の仕組みが見えてきて、ひいてはよりよい行政のあり方につながることと理解する。

目黒区で選出された都議会議員は自民党2人と公明党1人。小池知事に協力することは、3人とも政党組織人として難しい立場なのだろうと推測する。来年の都知事選に向けてどのような動きがあるのかは注目されてよい。

そんな中で9月の目黒区議会がはじまる。その本会議は劇場と思って傍聴してはどうだろう。役者は議員と区長。区長の答弁書を書く担当部署もそうかもしれない。そのやりとりで役者の力量を評価することができる。議員の質問書の内容と、区長答弁での適切さ、説得力について点数表を作ってみるという楽しみもあリそうだ。

国会には関心があるが、区議会には、という人も多いようなのだが、それはマスメディアによる影響と考えてよさそう。そうではなく、自分の目で直接政治の現場を見ることが必要なのではないか。それには地元の区議会傍聴が一番手っ取り早い。

無料でそれなりに楽しめるのが議会傍聴。多くの傍聴者のあることは議場にいる議員と区幹部の励みになるに違いないし、よりよい区政の実現に寄与できるはずである。時間に余裕のある人は、劇場にいくように議会を傍聴すべきと思う。

一般質問のスケジュールは以下のとおり。いずれも午後1時からである。

9月7日(水)
自由民主党目黒区議団 おのせ康裕議員
公明党目黒区議団 武藤まさひろ議員
日本共産党目黒区議団 星見てい子議員
民進党目黒区議団 吉野正人議員

9月8日(木)
日本維新の会・無所属目黒区議団 小沢あい議員
未来倶楽部77 たぞえ麻友議員
自由民主党目黒区議団 小林かなこ議員
公明党目黒区議団 関けんいち議員
自由民主党目黒区議団 鈴木まさし議員

|
|

« 9月の文化村エリアでのライブ公演(2016-9-1) | トップページ | 目黒区議会を傍聴して(2016-9-8) »

地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月の文化村エリアでのライブ公演(2016-9-1) | トップページ | 目黒区議会を傍聴して(2016-9-8) »