« 介護施設不足の解消とは?(2016-8-8) | トップページ | 無電柱化が望まれる場所(2016-8-21) »

第4回「高齢社会検定試験」が東大駒場キャンパスで(2016-8-11)

やがて3人に1人が65歳以上の高齢者となる超高齢社会を迎え、人生90-100年におよぶ長寿の時代を生きなくてはならなくなった。こうした超高齢・長寿社会の中で、より良い人生またより豊かな未来社会を創造していくには、「高齢者及び高齢社会」に関する総合的な知識が必要とされる。

一般社団法人 高齢社会検定協会(会長:小宮山宏 代表理事:秋山弘子)では、高齢者及び高齢社会に関する総合的な知識の普及を目的とした「高齢社会検定試験」を東京大学高齢社会総合研究機構の先生方の協力を得ながら2013年度より行っており、その第4回の検定試験を10月29日(土)に東大駒場キャンパスで実施する。

以下がその案内文である。

日本は高齢化が最も進んだ「高齢化最先進国」として世界の先頭を歩んでいるにも関わらず、「高齢者及び高齢社会」に関することは知らないことだらけです。健康で長生きするには、リタイア後も活躍し続けるには、老後のお金や住宅、移動の対策をどうすればよいか、高齢期の生活課題は数多くあります。また、医療・介護・年金の社会保障制度の行方は、超高齢社会に相応しいまちづくりはなど、これからの未来社会を創造していく上で重要な社会的課題も数多く存在しています。
これらの課題をより良い方向に解決していくには、「高齢者及び高齢社会」に関する正しい知識が必要です。
高齢社会検定試験は、より豊かな未来を築くために必要な知識を提供します。
これらの知識は、個人の人生設計場面、企業における商品サービス開発場面、自治体や行政における制度・施策の立案場面等、さまざまな場面で活かすことができます。
この検定試験に合格されますと、弊協会が認定する民間資格「高齢社会エキスパート」の称号が合格者に付与されます。
これまで3回(2013-15年度)の検定試験を経て、現在、合格者である「高齢社会エキスパート」は“1000名”を突破しました。
この資格を人事考課及びキャリア形成プログラムに取り入れられる企業も増えてきております。また合格者を集う「高齢社会エキスパート交流会」なども企画し、合格者通しでの交流を促す取り組みも進めております。
一人でも多くの方がこの検定試験を通じて、これまで以上に実りある人生に、また素晴らしいお仕事につなげていただきたい、ということが私どもの強い思いでございます。

【第4回高齢社会検定試験の概要】
■受験日 2016年10月29日(土)

■試験会場 ①東京会場:東京大学駒場キャンパス

■申込〆切 2016年9月30日(金)

■高齢社会検定試験の概要及び受験申込方法は以下で
https://shiken-center.jp/koreishakai/

出題内容はここから

|
|

« 介護施設不足の解消とは?(2016-8-8) | トップページ | 無電柱化が望まれる場所(2016-8-21) »

駒場キャンパス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 介護施設不足の解消とは?(2016-8-8) | トップページ | 無電柱化が望まれる場所(2016-8-21) »