« スポーツ先端科学研究拠点の開設(2016-6-5) | トップページ | 駒場小学校体育館でジャグリングとディアボロ(2016-6-9) »

6月12日に駒場で防災訓練(2016-6-8)

駒場の住民による地域防災組織「駒場防災会議」主催で「まちかど防災訓練」が6月12日(日)午前10時から12時まで、淡島通りから駒場東大前駅西口に向かう道路の途中で行われる。駒場野公園拡張部の東側を通る道路である。

訓練内容は、①消火器の操作法を身に付ける初期消火訓練、②小型消防ポンプによる放水訓練、③道路の下を通る上水道から水を吸い上げて放水するスタンドパイプ消火訓練、④担架を運んでその重さを体験する担架搬送訓練、⑤倒壊家屋に挟まれた人を救助する人命救助訓練。

日本で暮らすには、地震が起こることを覚悟しなくてはならない。日頃から防災訓練に参加しているとどのような課題があるかが見えてくる。

11日(土)夕方と当日の朝、防災訓練への参加を呼びかける街宣車が出る。その声がウルサイとの苦情も出るようだが、防災訓練への参加は発災時の被害を少しでも少なくするために不可欠なものとして、その声を聞いたら会場に駆けつけるようにするのがよいだろう。

|
|

« スポーツ先端科学研究拠点の開設(2016-6-5) | トップページ | 駒場小学校体育館でジャグリングとディアボロ(2016-6-9) »

地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スポーツ先端科学研究拠点の開設(2016-6-5) | トップページ | 駒場小学校体育館でジャグリングとディアボロ(2016-6-9) »