« 起震車も来るまちかど防災訓練(2016-6-18) | トップページ | 大橋の氷川神社で夏越大祓の神事(2016-6-30) »

目黒区議会本会議を傍聴(2016-6-20)

6月30日まで、目黒区議会が開催されている。午後1時から5時まで、時間通りにきちっと終わるようになっている。答弁の途中でも時間終了の宣言がされる。サッカーのようでもある。だからパス回しのように、ゆっくり答弁して、途中で打ち切りにしてしまうという手もあるのかもしれない。それはともかく、時間通りに終わることは悪いことではない。特に傍聴者にはありがたいはず。

本会議での一般質問は、金曜日に5人、月曜日6人、火曜日は午前中の議会運営委員会で決めるのか。今日の6人の議員の時間配分は45分、30分、30分、30分、35分、50分。15分の休憩をはさんで合計3時間55分であった。各議員の質問時間は議員に任されており、質問時間が長ければ、答弁時間が短くなる。

議事の内容は区議会の広報紙や各議員の活動報告で伝えられる。それを計算して質問の長さを調整するのか。

区議会の模様は区の議場に入らない多くの職員が、議会の委員会室にあるモニターで見ている。しかし傍聴する区民は少ない。始めは7人いたのが、4人になり、最期は2人だけになった。広報のカメラは設置されているが、メディアの取材はない。人口27万の自治体の議会なのに、といっても人口88万の世田谷区も同様。都議会ですらメディアの関心事は限られるのだから仕方ないことなのか。

ライブで傍聴すると議事録に載らない不規則発言がおもしろい。目黒区議会では少ないが、今日は、区長の答弁に対して「小学校の国語の時間じゃないんだぞ」というのがあった。答弁原稿を棒読みしていることに対してである。それでも国会と比べると大人しい。

それはともかく、区議会の傍聴は、基礎自治体で何が課題なのかを知るのには手っ取り早い。国会討論より身近な問題だし、何よりも、いつでも知り合いになれる議員さんが質問するのである。図書館で本を読んでいる時間があるなら、議会を傍聴してはどうかと思うのであるが。

|
|

« 起震車も来るまちかど防災訓練(2016-6-18) | トップページ | 大橋の氷川神社で夏越大祓の神事(2016-6-30) »

地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 起震車も来るまちかど防災訓練(2016-6-18) | トップページ | 大橋の氷川神社で夏越大祓の神事(2016-6-30) »