« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

「おっぱい大サーカス」を見て考えた(2016-5-20)

最近世の中で話題の中心のようになっている舛添東京都知事が、今月はじめに「東京の「夜」はいつからこんなに寂しくなったのか?」と題した小論を書いている。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48588
その一節に以下に引用する文がある。

「先日、ニューヨークで久しぶりにブロードウェイに行ったが、この賑わいが東京にはない。それが、わが東京のナイトライフを寂しいものにしている。世界中の天才たちが集まり、最高のパフォーマンスを見せるべき箱物(劇場、オペラハウス、コンサートホールなど)が必要である。そして、演ずべき芝居や音楽を創造する才能と、それを商業ベースに乗せる才覚を身につけてた人々、つまりソフトの充実が不可欠である。」

箱物が必要ということなのだがそんな実感はない。そして「演ずべき芝居や音楽を創造する才能と、それを商業ベースに乗せる才覚を身につけてた人々」が不足しているのかどうか。

不足しているのはライブパフォーマンスを気軽に見に行くライフスタイルなのではないか。最近のことはよく知らないが、日本では経済的に余裕があったり、会社の経費を使ったりするときには、キャバクラとかカラオケで歌わせる店で夜の時間を過ごす人が多かったような気がする。最高のパフォーマンスの裾野ともいえる部分への需要が、ニューヨーク、パリ、ロンドンと比べて圧倒的に少ないことは否定できまい。

ライブパフォーマンスへの関心を多くの人がもち、そこにお金が流れることで優れた才能が伸びる機会が生まれるのではないか。ライブパフォーマンスの情報に接するには積極的に探す必要がある。しかし、まずは手近なところで予備知識なしでも、試しに入って見るということでよい。東京ならエリアごとにいくらでもそんな店はある。

たとえば渋谷地区であればサラヴァ東京。Bunkamura横の交差点を渡ったファミリーマートの地下にある。パリで1966年にピエール・バルーがはじめ「才能の実験室」「ジャンルを超えた発見の場」と言われていたというSARAVAHの日本での展開の場なのである。

中でも、毎週月曜日に開催されるシャンソンコンサートと、第3木曜日のセクシー大サーカス、おっぱい大サーカスはサラヴァ東京らしさがあるのだろう。飲食をしながら出演者と共に楽しむ雰囲気は寄席というより昔のキャバレーなのだろうか。

客席は40席ほどか。若い女性客が多かったが、あらゆる年代の男女が楽しめるライブパフォーマンスといえる。値段も手頃だし、出演者もいろいろだから、楽しめること間違いない。

19日の「おっぱい大サーカス」には紫ベビードールというバーレスク(往年の浅草オペラ、日劇ミュージックホールの系譜)の日本におけるトップダンサーの出演もあり、これからの日本でのライブエンターテイメント復活への期待を膨らませた。

サラヴァ東京のホームページ

160523


| | コメント (0)
|

氷川神社の社子屋(2016-5-15)

社子屋は「やしろこや」と読む。寺子屋が寺院での学びの場であったように、神社を学びの場として開放したというのが浅草神社。浅草神社では毎月1日の開催で今月で42回目となっている。それ以前の記述は少なくともネット上ではない。

その社子屋を大橋の上目黒氷川神社では毎月15日に開催していて今月で36回目。はじめてから3年ということになる。神社が昔からそうであったように、人が集まり、交流する場にしていきたいとの趣旨で行っているとの説明があった。

午後6時から会場の社務所で手づくり体験をした上で、昇殿し玉串を奉納する正式参拝を行う。今月の体験は柏餅づくり。粉をこね、ふかし、それを伸ばしてアンを入れて被せたものをまたふかして、それから柏の葉でくるんで完成させるというものであった。その間1時間強。やれやれというところで、神社に上がって正式参拝。服装を気にせずに行ったのだが、それでよいとのことなのである。

参加者は20名弱で若い人がほとんど。意外なことに神奈川や埼玉から来られている方もあり、近所の方はごくわずかであった。

上目黒氷川神社の社子屋は毎月15日午後6時から8時までの体験会の開催と、8時からの懇親会という内容。参加費は一人1000円で内500円は東日本大震災の義援金に充当される。8時からの懇親会に参加するのであれば更に1000円の会費が必要。事前の申し込みは不要である。

地域社会の気軽な交流の場として活用できるのではないか。正式参拝ができる機会ともなり有難いことであろう。

https://www.facebook.com/kamimeguro.hikawajinja/?fref=ts

160515_2


| | コメント (0)
|

花をみんなで育てるということ(2016-5-5)

草花を育てることを趣味にしている人は少なくない。しかし、満足な結果を出すまでにはいろいろ苦労もあるだろう。失敗することもあり、また技術を学ぶのに必要な時間を割けないなどと、あきらめている人も少なくないはず。特に地植えということになると、集合住宅暮らしであれば不可能なのである。

そんなときに、公園などで花を育てるグループに参加するという手があることは知っておきたいもの。とはいえ、知らない人ばかりのグループに入ることに敷居の高さを感じるのはやむを得ない。そんな花を育てるグループとして、現存する日本で一番古くからあるバラ苗業者である駒場バラ園ゆかりの地でバラを育てる駒場バラ会がある。そのブログでは会のメンバーが力を合わせてバラを育てている様子を伝えている。
http://komabarose.exblog.jp/

駒場バラ会が活動している場は2つの公園と2つの学校の花壇。駒場バラ園のある地域に密着しているのである。これからいよいよバラの季節。駒場のバラに注目を。
160505_1

駒場公園は東京都の重要文化財である旧前田家本邸洋館前庭。
160505_2

駒場野公園は井の頭線の南側にあり、北側の駒場公園とは別の公園。その中でも淡島通りに面した拡張部分にバラ花壇が作られている。
160505_3

東大は正門横のバラの小路が一番大きな花壇。
160505_4

そして一般の人の目に触れることのない、駒場小学校の中にもバラ花壇がある。駒場バラ会も今年で10周年を迎え、もっと多方面からの関心が高まることが期待されている。

| | コメント (0)
|

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »