« 君が代がはじめて演奏された場所(2016-3-27) | トップページ | 壁に囲まれた駒場と松見坂(2016-4-3) »

4月から介護予防サービスが変わる(2016-3-31)

目黒区では、高齢者を地域ぐるみで総合的に支える仕組み「地域包括ケアシステム」の構築に向けて、4月から「介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)」を開始する。

厚生労働省のガイドラインによると、この事業は「要支援者の多様なニーズに、要支援者の能力を最大限活かしつつ、多様なサービスを提供する仕組み」であり「生活支援の充実、高齢者の社会参加・支え合い体制づくり、介護予防の推進、関係者間の意識共有と自立支援に向けたサービスの推進等を基本に事業を実施」する。それにより「住民主体のサービス利用、認定に至らない高齢者増加、重度化予防推進により、結果として費用の効率化」を狙うものである。

この総合事業というのは、これまでの要支援認定されている方々に加え、新たにサービス事業対象者とされる方々のための「介護予防・生活支援事業」と、65歳以上のかたのための「一般介護予防事業」からなる。「介護予防・生活支援事業」には、訪問型・通所型サービスと生活支援サービスがある。訪問型サービスとは調理・洗濯・掃除などの日常生活の支援。通所型サービスとはデイサービス施設の利用などである。

総合事業では、地域の住民団体などが、区や介護事業者に加えて、介護予防サービスの提供や介護予防活動の担い手として制度の上で位置づけられることになる。

具体的には、目黒区で平成28年度中に実施予定のものとして「支え合い事業」があげられている。日常生活支援の訪問型サービスを有償・無償のボランティアが行うものと、地域の住民が主体となって、介護予防に効果がある体操、歌や手芸等のプログラムを行う地域の中にある場所づくり。それらを実施するために、町会や老人クラブなどさまざまな地域の団体や民生委員などと、区や社会福祉協議会などとが経験・知識を交換し、情報を共有しながら生活支援サービス等について検討する場として、目黒区では「協議体」の設置を進める。

一般介護予防事業には「介護予防リーダー」を養成する講座、ひざの痛み予防講習会、骨折捻挫予防教室など、さまざまな教室が計画されている。

目黒区の担当部署は健康福祉部。地域ケア推進課(地域ケア推進係)、介護保険課(介護予防係・地域支援事業推進係)、高齢福祉課(いきがい支援係)にまたがるようである。さまざまな個別のサービスや地域住民の活動の関係が見えないとの声もあり、そうした疑問をできるだけ払拭できるよう、この場で情報提供をしていくことにする。

|
|

« 君が代がはじめて演奏された場所(2016-3-27) | トップページ | 壁に囲まれた駒場と松見坂(2016-4-3) »

地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 君が代がはじめて演奏された場所(2016-3-27) | トップページ | 壁に囲まれた駒場と松見坂(2016-4-3) »