« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

インフルエンザ予防接種の無料化はなぜ?(2016-2-28)

目黒区の平成28年度に重点的に取り組む事業の一つとして、75歳以上の高齢者のインフルエンザ予防接種費用無料化があげられている。一部自己負担であったものを全額無料化とするもの(1回目だけなのかどうかは未確認)。そのための予算は4301万円であるが、世田谷区、品川区では無料化していない。全国的にどのようなものか。渋谷区や港区が65歳以上が無料になっているのは、敬老祝い金などで高齢者福祉に手厚い自治体なのでわかるのだが、補助ではなく無料化というのはどれだけ事例があるのだろうか。

2014年7月に発表された論文(日本公衛誌第7号)によると、近年の全国での推計接種率は幼児・高齢者で50%台、一般成人は30%弱、全体では40%程度とのこと。目黒区ではどうなのだろう。

目黒区では75歳以上の住民の数は27,141人。全体では271,556人だからちょうど1割となる。さらに65歳から74歳までが27,223人でこれも1割なので覚えやすい。10年後に対象者が増えることは確実だろうから予算も増やさざるを得ないのか、それともひとりあたりの接種コストが下がることが期待できるのか。インフルエンザの予防が実現できることで、国民健康保険で支払われる医療費が節約できるから、それでよいとの想像もできないではないが、ならば75歳以上とする必要はなかろう。

高度経済成長の時代は過去のものとなった今、さまざまな増税案が議論されている中で、無料化ということに対する反発も少なくないと思うのだが。

| | コメント (0)
|

タブーとしての死と、愛しき人生のつくりかた(2016-2-26)

死の話はタブーとされているらしい。テレビなどで死についての現実を直視すると視聴者からクレームが来たという。穏やかな自然死の権利の話をすると「生きる権利を侵すのか?」との反論を受けたともいわれる。
つい20年前でも、近くに老人病院ができるということで反対運動があったり、最近でも、死、遺体、葬式といった言葉が公共の場で出てくること自体が驚きにもなるとのことを本で読んだ。
死を不浄なものとして嫌悪する社会通念が共有されていたようなのだ。

でも、そんな風潮が変わりつつあるようなのは、死を忌避する意見をいう人たちが高齢化しているからなのか。そういう人たちも死に至る道筋を考えることが避けられなくなっているからなのだろうか。

葬式場面で始まり、葬式場面で終わるフランス映画「愛しき人生のつくりかた」(原題”Les Souvenirs”=思い出)は老人の死に至る道筋をコメディタッチで描いている。パリの葬式では喪服を着ず、若者はジーンズで駆けつけることもあるとも知ったけれど、それだけ葬式がカジュアルなものなのかも知れない。

多死社会に突入する日本。死をタブー化せずに視野に置きながら、愛しき人生をつくることが必要とされるようである。

映画「愛しき人生のつくりかた」はBunkamuraル・シネマで上映中。
http://itoshikijinsei.com/

| | コメント (0)
|

不老長寿願望と嫌老(2016-2-23)

爺さん・婆さんは差別用語のようになっている。高齢者と呼ばれることも嫌われ、後期高齢者という呼称への反発は大きかった。日本では100歳を超える健康長寿を理想としているようにも見える。それを達成できなければ、敗北ということなのか、残念なこととなるわけである。

健康長寿が理想ならば、次善は不健康でも長寿ということになっている。寝たきりでも認知症でも長寿であることが求められているようなのだ。何故なのか、それでよいのか、ということも言われていて「尊厳死」「安楽死」「平穏死」「満足死」が議論の俎上に上がっているものの、特に安楽死についてはタブー視されているといってよいほど議論が活発とはいいがたい。

それはともかくとして、不老長寿を理想とするのがよいことなのか。また、高齢の男性と女性、つまり爺さんと婆さんとでは生活上の役割意識が違っている。若い人には仕事も育児も男女均等といいながら、爺さんたちは、配偶者や娘などの女性に依存するのが当然と考えている人が少なくないようにも見受けられるのである。誰かから生活上の世話を受けていて健康長寿といえるのかどうか。

嫌老とは敬老の反対で、老人を敬わずに嫌うという意味で使われるのであろうが、人が自らの老化を嫌うことも意味するのだろう。爺さん・婆さんと呼ばれることを嫌う所以である。

しかし、逃れることのできない、老化と死を嫌うことは自分自身を嫌うことにしかならない。老と死を自然のこととし、嫌ったり恐れたりしない生き方を見つけたいものである。

| | コメント (0)
|

「暮らしやすさ」の都市戦略(2016-2-19)

2月18日夜、下北沢の北沢タウンホールで、アメリカのポートランド市の街づくりを紹介しながら、世田谷区のことを考えるシンポジウムが開催された。
発言者は保坂のぶと世田谷区長の他、小林正美さん(明治大学教授)、宮台真司さん(社会学者)、松尾貴史さん(俳優)、藤村龍至さん(建築家)の顔ぶれであった。
ポートランドは、全米で住みたい街、環境にやさしい街、外食目的で出かける価値のある街、出産に適した街のそれぞれで1位になっているとのこと。公共交通機関を発達させ、自転車での通勤を奨励し、また古い建物を再生利用するということをしている。特に官民のパートナーシップによる意見形成のプロセスに学ぶことが多いとされる。

施設を作って課題を解決するのではなくというこれまでのやり方から、サービスで解決を考えるのがよい。ないものねだりからあるもの探しへ、と、住民が課題を自ら引き受けて考えることが必要ということ。役所は価値を創ることはなく、やることの質を考えない、という宮台さんの会場での発言には特に共感できるものがあった。

具体的な課題として、世田谷区の区庁舎再建と下北沢の再開発がある。下北沢の再開発をめぐっては行政訴訟があり、道路整備や高度規制などをめぐって異論がでている。すぐ近所のことでも、世田谷区民でなければ知らないことばかり。

3月18日には第0回の「暮らしやすさ都市戦略フォーラム(仮)」が予定されている。また、渋谷でも3月6日に「新しい渋谷とは」と題したパネルディスカッションが長谷部渋谷区長も参加して行われる。

地域の課題、行政の課題を他人任せにして不平だけをいうようなことであってはならない。「安全・安心・便利・快適」を超えた、尊厳のある生き方が人を幸せにするという。それは人のつながりにより実現できるとのことも、社会学者の意見であった。

| | コメント (0)
|

松見坂の新しい店(2016-2-18)

246と井の頭線の間を走る淡島通りと山手通りの松見坂交差点はにある「マツミ」の看板。10年前からの店なのだが、今月は別の店になっている。内装もそのまま引き継いでいるものの、「牛牛」という店名で、肉の鉄板焼きと、オリーブオイルとニンニクで肉などを煮込むアヒージョを出す店になった。本店が西麻布にある。
160218_4
160218_3

11月には淡島通りの駒場側路地奥にイタリア料理の「Cignale ENOTECA」がオープン。予約客のみの文字通りの隠れ家である。
160218_2

その前の9月にオープンしたのが「Sugahara Pho」というベトナム料理店。イタリア料理の店を外・内装共にそのままで、ベトナムの雰囲気は全く出していない。ワインの知識が豊富な若い菅原さんが海外での経験を活かして兄弟で経営している。ワインと日本酒を楽しむベトナム料理店ということである。
160218_1

松見坂で一番古い店はスペイン料理の「ボラーチョ」。ラテン料理の「コスタラティーナ」が2番目に古くなってしまった。ミシュランの星を返上して新しい店としてオープンした「TSU・SHI・MI」、
カジュアルなフレンチの「エガリテ」、アーティストによるカジュアル・バー「テルチ」、レコードのコレクションが一流の「LIN ENDORPHIN」、土・日の昼にあるカレーも人気の「バル松見坂」と個性的な店が並ぶ。そんな中で気軽に入れるのは、定食のある「コルジャ」だろうか。

駅から距離があり、人通りの少ない松見坂なので、その店を目指して来る客を対象とする営業になっているようだ。新しい店は3軒とも以前あった店と同様の客層を対象としている。松見坂に来る人の顔ぶれも過去10年で変わっていることだろう。


| | コメント (0)
|

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »