« 地域交流スペースここからカフェ(15-12-26) | トップページ | 介護離職ゼロという目標と人間の死(15-1-8) »

2016年の渋谷WEST(15-12-31)

2015年は渋谷が大きく変わる最初の年だったのかもしれない。その象徴ともいえるのが東急プラザ渋谷の閉館。3月22日に閉館してビルの解体工事が行われ12月には更地になった。2019年3月には地上18階の商業ビルとなって西口バスターミナル前に姿を現す。
その半年前の2018年秋には、JRの線路と246の反対側には地上35階のホテルを含むビルが完成し、一年後には地上47階で屋上庭園のある渋谷最高層のビルが東口に誕生する。決まっていたこととはいえ、なんとも目めぐるしい感じである。

また2015年は、渋谷区役所と渋谷公会堂が建て替えのための解体工事がはじまった。2018年度を完成予定として工事が進められる。

一方、松濤の観世能楽堂も移転のため3月に閉館したが、工事は始まっていない。旧都知事公邸も売却先が決まったものの動きが見られない。

2016年に完成が予定されている大きな商業ビルはないけれど、松濤の戸栗美術館横で工事が進められている老人ホームが、ロケーションとその規模から注目を集めそうである。

2016年の渋谷WESTのニュースとして確かなことは、2015年に顕著となった外国人観光客の比率が一層高くなることだろう。渋谷の街を紹介する映像とその閲覧者は、既に日本人より外国人の方が多くなっているのではないだろうか。外国人が渋谷で本格的に活動するようになってもおかしくない。

(写真は東急プラザ渋谷の跡地)
151231


|
|

« 地域交流スペースここからカフェ(15-12-26) | トップページ | 介護離職ゼロという目標と人間の死(15-1-8) »

渋谷全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地域交流スペースここからカフェ(15-12-26) | トップページ | 介護離職ゼロという目標と人間の死(15-1-8) »