« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

神様になった難民(2015-9-20)

古代の日本では渡来人が大陸から新しい文化をもたらしたと教科書にある。その渡来人という人たちがどういう経緯で日本に来たのか。さまざまな理由があったのだろうが、南西朝鮮にあった百済の660年の滅亡、北朝鮮にあった高句麗の668年の滅亡に至るまでの戦乱で、今流にいえば難民として日本列島にたどり着いた人たちも多かった。現在のシリアからの難民と同様の立場であったとえいそうである。

ただ、現在の難民とは違い、最新の武術や産業技術をもつ日本に有益な人たちであったとはいえるのだろう。また各地に土着する豪族がある中で、朝廷直属の武人として有用であったかもしれない。一方で、歓迎されないこともあったと考えるべきだろう。

7世紀には九州に近い百済からの難民が多かったようであるが、北の高句麗からも戦乱を逃れて命がけで日本に向かった人たちがいた。日本の海岸にたどり着けたのはどれほどの割合だったのか。

その様子が、「高麗王若光物語」という、高句麗の王族である玄武若光から数えて60代目にあたる高麗神社の宮司の想像で書いた小説にある。若光は新羅と唐の連合軍から高句麗を守るための使節として日本に来たが、滞在中に高句麗が滅びてしまった。その高句麗の難民を関東に集め、高麗郡を作ったというものである。

高麗郡ができたのは716年。2016年は郡ができて1300年にあたり、若光を御祭神として建てられた高麗神社でさまざまなイベントが企画されている。

その高麗郡の入口は八高線の高麗川駅。駅前にモニュメントが置かれている。
150920_1

高麗神社の入口には韓国の民俗信仰で魔除けという将軍標がある。
150920_4


鳥居のそばには浩宮皇太子殿下の献木が駐日韓国大使の献木と並んで植えられている。境内には多くの韓国大使や日本の有力政治家の献木が見られる。
150920_11

高麗王若光の墓所である聖天院にも将軍標。
150920_7

聖天院には高麗王若光の像がある。
150920_12

その奥には在日韓民族慰霊塔が。
150920_9

そして一番奥には檀君の像。韓国・朝鮮の始祖神である。
150920_10

大阪の枚方市には百済王神社があり、百済も高句麗も唐・新羅に滅ぼされて日本に逃れて来た人たちなのだが、新羅系の人たちも岐阜県多治見市に新羅神社を作ったようだ。神社は日本独特のものであることはいうまでもない。だから、現在は北朝鮮の地域にあった国の王族が神社の祭神になってしまうことについて、日本人なら何でも神様にすることで一応理解できるものの、西洋人はもちろん、献木している韓国人もどう受け止めるのだろう。ちなみに、境内の表示は日本語とハングルだけで、英語はない。

| | コメント (0)
|

日本での難民の受け入れを考える(2015-9-11)

シリアからの多数の難民がドイツやスウェーデンを目指して流れ、欧州各国も受け入れせざるを得ない状況にある。

米国も1万人を受け入れると発表した。とはいっても、米国の世界各国からの全体で75千人の難民受け入れ枠内でのこと。難民認定の総数が2013年で6人、2014年で11人の日本とは事情が違う。

国際世論が日本での受け入れを求めることは確かだろう。受け入れるとしても何人かが問題。人道的問題とはいえ、税金の負担となるから甘いことをいうわけにはいかない。受け入れそのものが日本にはなじまないとするのも、必ずしも感情的なものではないし、差別などさまざまな問題に対する不安からも、政府として安易な対応はできまい。

日本での難民の受け入れは2008年で申請数1599人に対して難民認定数は40人。2014年で5000人の申請に対して11人という状況。認定数はミャンマーが大半だが、申請数としてはネパールとトルコが増えている。シリアの難民申請は60人を超えるとのことであるが、その数を超える申請をしているのが1293人のネパールを筆頭にトルコ、スリランカ、ミャンマー、ベトナム、バングラデシュ、インド、パキスタン、タイ、ナイジェリアである。シリアからの難民を受け入れると、それらの既に多くの難民申請している人たちをどうするか、という問題にも直面する。

また1978年から2005年にかけて受け入れてきた、日本近海で救出されたインドシナ難民受け入れの経験も生かす必要があるだろう。

近所の飲食店では、ネパール、パキスタン、スリランカ、ベトナム、トルコ、ミャンマー、タイといった国の人たちが働いている。いずれも日本人従業員のいない店なのである。どのような経緯で日本に来たのかは分からないが、さまざまな文化背景の人たちが身近にいるようにはなっている。

日本人の意識もさまざまだろうし、対応についての調整が目下水面下で行われているのだろう。

| | コメント (0)
|

日本在留の外国人(2015-9-9)

訪日外国人が激増している中、在留外国人はどの程度なのか調べてみた。2006年から2014年までの数字が法務省のホームページで公開されている。

2014年末での在留外国人の総数は212万人。2006年の208万人に対して微増ではあるが、2008年には222万人に達しており、トレンドとしては200万人強で9年間横ばいといえよう。

在日というと韓国・朝鮮人のことを一般的に指すようであるが、一番多い在留外国人は中国人で65万4千人。台湾を合わせると70万人ほどになる。韓国・朝鮮は2014年で50万人になっているが、2006年の時点では59万8千人で、当時は中国の56万人を上回っていた。2006年からの日本人への帰化は韓国・朝鮮からが59千人、中国からが36千人であり在留外国人数としてはマイナスの要因になる。その他の国からの帰化を合わせると9年間で10万人強の人が日本国籍を得ている。

中国、韓国・朝鮮に続いて多いのがフィリピンの217千人。それにブラジルが175千人で続く。しかしブラジルは2008年の312千人から大幅減となっている。

大きく増えているのはベトナムとネパール。ベトナムは2008年比3倍でおよそ10万人、ネパールは5.4倍で42千人が在留している。

また、台湾・フィリピン・タイ・ウクライナで女性の比率が70%を超え、ロシアが69%というのも興味深いかもしれない。

| | コメント (0)
|

日本での難民の受け入れ(2015-9-7)

シリアなどからヨーロッパへ向かう難民が問題となり、日本でも議論の対象となっている。
日本での最近の大規模な難民の受け入れはインドシナ難民。外務省の発表によると、1978年から2005年までの間、ベトナム・カンボジア・ラオスからのインドシナ難民の受け入れ数は11,319人。『ベトナム難民少女』としてドラマ化されたボート難民となって日本で15歳から勉強して医者になった女性の例もある。

過去をさかのぼると、1950年代には済州島からの難民が相当の規模であったようだが、その数は把握されてはいないのだろう。さらに大昔、668年の高句麗の滅亡にあたっては多くの高麗人が難民となり、716年に高麗王若光を首長として新たに武蔵国にできた高麗郡を開拓することになった。それにより、1799人のこれまで東国に入植していた高麗人が移り住んだという。若光を偲んで創建したのが埼玉県日高市にある高麗神社で、若光の子孫が代々高麗氏として宮司を務め、現在の宮司は60代目となる。渋谷区にも血縁の方がお住まいで、1300年以上の血筋が守られているのだ。
2016年が高麗郡建郡1300年ということで、記念事業も行われる。難民の神様として紹介されることになるかどうか。

1917年のロシア革命でも多くの難民が出ており、ロシアに住んでいたイスラム教徒であるトルコ系のタタール人が迫害を逃れてシベリア経由で避難し、日本でも受け入れられた。その人たちのために礼拝堂が渋谷区上原に建設されたのが1938年。その跡地で2000年にトルコ共和国宗務庁のもとに東京ジャーミイが完成した。日本最大規模のモスクである。

日本では難民の受け入れは難しいとよくいわれるが、歴史から学べることもあるだろう。

(東京ジャーミー礼拝室)

150907


| | コメント (0)
|

駒場の町会カフェで行政相談会(2015-9-6)

国の仕事に関する苦情などの相談を受け付け、助言や関係行政機関に対する通知などを行う行政相談委員が、駒場の町会カフェを会場として対応することになった。これまで目黒区役所で行っていたもので、9月は24日(木)の14時~16時に行う。

行政相談委員への相談事例は、国有地内の腐食した木の除去、雇用保険の受給期間、介護保険、社会福祉、どこに相談したらよいか分からない相談事などなど。

密室での相談ではないのが気がかりな向きもあるかもしれないが、それはそれで別途ということになるのだろう。

町会カフェは駒場東大前駅西口から東口に向かう道路に面している。飲み物代(コーヒー280円など)がかかるが、目黒区役所までバスなどを使うよりは経済的である。

| | コメント (0)
|

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »