« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

駒場で「町会カフェ」が31日にプレ・オープン(2015-7-30)

地域の情報交換の場とすることを目的とする「町会カフェ」が7月31日午後1時にプレ・オープンする。8月20日(木)のグランド・オープンに先立ち、どんな場にしたらよいかなどの提案を受けることになる。

営業時間は8月2日までは13時から19時までとしているが、それ以降はプレ・オープン後の様子を見てから決定する。店のスタッフとして「こまサポさん」と呼ばれる住民の方々が交代で勤務する。

店の規模はカウンター6席と2人がけのテーブル席が2席。おいしいコーヒーやスイーツを楽しもう、一人で本を読もう、打ち合わせをしよう、といった、これまでの喫茶店への期待とは別のコンセプトの店なのである。そんなことを求めるなら駒場の近所にはいくらでも魅力的な店のあることはいうまでもない。

「町会カフェ」は地域の交流の場。地域の情報が集まり、さまざまな連絡ができ、出会いの場となることが期待されている。

コーヒーはワインの代わりとしてイスラム圏から飲まれだしたもの。ウィーンやパリに入ってからも議論の場として使われていた。地域社会の議論の場として、居酒屋のように「町会カフェ」が使われるとよい。

730_1


730_3


| | コメント (1)
|

駒場1丁目でまちかど防災訓練(2015-7-27)

学校の校庭を使うのではなく、日常の生活の場での防災訓練ということで、今月12日(日)に駒場公園正門前で主として駒場4丁目在住の方々を対象として行った訓練に引き続き、26日(日)は駒場1丁目の山手通りに近い場所に在住の方々を対象とする訓練を実施した。
午前中ではあったが、35度を超える酷暑の中での開催となった。

いつも利用している道路が会場。
7598

参加者の皆さんは日陰になる路地で説明を聞く。
7599


担架による搬送体験からスタート。重さを実感するもの。
7604

消火器の操作を体験
7611

小型消防ポンプによる放水
7613

スタンドパイプの利用
7594

倒壊家屋からの救出をイメージして
Photo

暑さの中、50名を超える参加者があり、消防・警察と町会防災関係者25名で運営。熱中症の懸念もクリアして無事スケジュールをこなした。
災害はこんな酷暑の時もおかまいなくやってくるものである。

| | コメント (0)
|

駒場オリオンズが初優勝の快挙(2015-7-21)

7月18日と19日に行われた目黒警察署主催の少年野球大会(防犯大会)において駒場オリオンズが優勝した。

目黒区の目黒署管内の参加7チームでのトーナメントではあるが、オリオンズを創設してから、2007年の防犯大会参加後初の優勝旗奪取ということで、感激もひとしお。

この目黒防犯大会は小学校1年から6年までの軟式少年野球大会で、今年で67回という歴史をもつ。駒場オリオンズは駒場小学校の児童が中心で、現在の部員数は27名。駒場小学校、目黒一中、駒場野拡張公園を主な練習場としている。

また、来る7月26(日)午前9時から、碑文谷野球場において、碑文谷署防犯大会の優勝チーム(ヤングホークス)と、目黒区王座決定戦を戦うことになっているので応援したい。

駒場オリオンズのホームページ

150721

追記

7月26日(日)に行われた目黒区決勝大会ではヤングホークスに破れはしたが、準優勝のトロフィーを獲得した。

150727


| | コメント (1)
|

駒場公園前でまちかど防災訓練(2015-7-13)

12日(日)の午後2時から駒場公園正門前で、駒場4丁目の住民を対象とするまちかど防災訓練が開催された。防災訓練というと、小学校の校庭で実施されることが普通のようだが、より生活の場に近い所でとの趣旨から、駒場に6か所の訓練場所を用意して、そこで年に2か所づつ実施していくようにしている。
暑さの中で参加者がどれだけ集まるか心配もされたが50人近くの方々が来られ、目黒消防署員の方々による指導に、みなさん熱心に耳を傾けていた。

まずは訓練開始の挨拶。背景が「まちかど」らしくないかもしれない。
7

担架による搬送の体験。その重さを感じてもらうことが大切。
1

消火器使用法の説明。
2

小型消火ポンプは子供にも人気。
5

水道管から直接放水するスタンドパイプの使用法の説明。
6

倒壊家屋からの救出を想定して木材撤去の実演。
4

東日本大地震の被害が甚大であったとはいえ、防災訓練を実施していたことによる減災も顕著であったといわれる。被害者を思えば、避難訓練など防災対策の効果が大きかったとは公にしづらい面もあるのだろうが、防災訓練に継続的に参加することで、それなりのリターンのあることは感覚としてわかる。

暑い中お疲れ様でした。
3

まちかど防災訓練は、7月26日(日)10時から、駒場1丁目の松見坂下から井の頭線方向に抜ける道路上でも開催されます。

| | コメント (0)
|

駒場公園正門前でまちかど防災訓練(2015-7-8)

駒場防災会議の主催により、目黒警察署・目黒消防署・目黒消防団の協力を得て、7月12日(日)午後2時から4時まで、まちかど防災訓練が行われる。場所は駒場公園正門前。

訓練内容は、担架による搬送、消火器使用の体験、小型消防ポンプによる放水、スタンドパイプによる放水、倒壊家屋からの救出訓練となっている。

訓練そのものの意義に加え、ご近所の方と顔見知りになる機会でもある。対象は主として駒場4丁目の住民なのだが、駒場の皆さんに関心をもっていただくことが期待される。駒場では同様の訓練が駒場1丁目でも7月26日(日)に行われるが、駒場公園正門前は渋谷区上原2丁目がすぐそば。
駒場4丁目の人口1522人に対し、訓練場所の道路のと反対側、上原2丁目の口は3861人。上原全体では9728人と駒場全体の6806人の1.4倍にもなる。案内も付近に掲示されるから、渋谷区民で見学される方もあるだろう。

大規模災害時に目黒区と渋谷区の区界を意識できる人は少数だろうし、ご近所づきあいが区民意識で分断されることも避けねばなるまい。多くの方々の参加ないしは見学が望まれる。

| | コメント (0)
|

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »