« 目黒区小型ポンプ操法演技大会の開催(2015-6-7) | トップページ | 津軽三味線を渋谷道玄坂上で(2015-6-21) »

文化交流の拠点となるギャラリー(2015-6-19)

渋谷に数多くあるギャラリーの中でも、特に便利な場所にあるといえそうなのがアートギャラリー道玄坂。渋谷マークシティの道玄坂上出口を出てすぐ左の通路に出て、マークシティ横の道路を渡ったところのビル、プリメーラ道玄坂の1階にある。
150619_3
150619_1

ギャラリーといってもそこで作品の販売をしているわけではないから、気軽に作品を見ることができる。もちろん入場無料。

5月の作品展の実績をみると「建築デザイン展」「<奄美の地 ・ 血 ・ 智>奄美大島からの発信」「楽美術展 油絵 日本画 写真 とんぼ玉」「ボタニカルアート グレ展」「相場秀夫 デジタルアート個展」と、さまざまな分野のアートが紹介されている。

現在は6月28日までの期間で首都圏と長野県の南信州をアートで結ぶ「南信州交流アート展In渋谷」を開催中。初日には36人の出展者の一人、江添繁和画伯の姿も見られた。
150619_4


長谷部渋谷区長も長野県飯田市に縁があるとのことでオープニングで挨拶。
150619_2

起伏に富んだ渋谷の街に点在する数多くのアートスペースは、このアートギャラリー道玄坂を含め、さまざまな分野のアーティストが交流する場としてふさわしいだろう。

道玄坂上交差点から道玄坂と交わる道を進み、Bunkamura前のビルの5階にあるギャラリーのアツコバルーは、入場料がドリンク付きで500円。こちらも6月28日まで、日本、フランス、ニュージーランド、ポーランドの7人の若いアーティストの作品を展示している。

世界のアーティストが交流する街として、東京でも渋谷がその中心とアピールしてよいのではないか。

http://area.walkerplus.com/walker47/article/detail/ar0313113/le2166/20150615/2_201506151822471953/

|
|

« 目黒区小型ポンプ操法演技大会の開催(2015-6-7) | トップページ | 津軽三味線を渋谷道玄坂上で(2015-6-21) »

渋谷WEST」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 目黒区小型ポンプ操法演技大会の開催(2015-6-7) | トップページ | 津軽三味線を渋谷道玄坂上で(2015-6-21) »