« 江戸しぐさ発祥の地から(2015-04-06) | トップページ | 宇田川町が動き出す(2015-4-9) »

陛下のパラオ訪問報道(2015-4-8)

世界3大通信社の一つとされるフランスのAFP通信が、両陛下のパラオ訪問について大きく取り上げている。そこで日本のメディアがどのように報道しているか、ホームページに掲載されている範囲で調べてみた。

一番多く報道しているのは産経新聞。羽田空港でのお言葉を日本語と英語の両方で全文を掲載している。紙面にどれだけ掲載するか興味深く思えるほど、記事の本数も多い。
日本経済新聞もお言葉を全文掲載しているが、会員でないと全文は読めない。
読売新聞は、なお2600人分の遺骨…島民「早く日本へ」との記事があるだけで、お言葉は見つからない。
朝日、毎日は関係する報道が見られない。東京新聞は共同通信の配信で「両陛下がパラオ到着 晩さん会出席、平和へ決意新たに」との記事がある。

NHKは両陛下パラオ到着 大統領夫妻と会見として戦没者中心の報道のようである。

最近は陛下のお言葉について、どの部分を記事にしたとか、どの部分がカットされていた、とか批判が多いせいか、その引用がしづらくなっているのか。

海外メディアであるAFPはお言葉の以下の部分を引用した記事を配信している。
「私どもはこの節目の年に当たり、戦陣に倒れた幾多の人々の上を思いつつ、パラオ共和国を訪問いたします。」「太平洋に浮かぶ美しい島々で、このような悲しい歴史があったことを、私どもは決して忘れてはならないと思います。」

また、AFPは、今回の訪問で陛下がパラオ共和国、ミクロネシア連邦、マーシャル諸島共和国の旧植民地(former colonies日本では委任統治と呼称)の代表と会い、それらの国々が過去のことは過去のこととすることで、謝罪を要求し続ける中国や韓国と対照的とも伝えている。

日本から英語で発信するメディアは、政府広報的なNHK WORLDがこのニュースをトップにして詳細に扱う一方、ジャパンタイムスはロイターのニュースを配信。

太平洋での戦争を自らの体験に結びつけてイメージできる世代が、日本だけでなく、世界でも少なくなっている一方、中東では現在が戦争状態という現実がある。太平洋がその名の通り、平和な海であるために「太平洋に浮かぶ美しい島々で、このような悲しい歴史があったことを、私どもは決して忘れてはならないと思います」というお言葉は重い。

|
|

« 江戸しぐさ発祥の地から(2015-04-06) | トップページ | 宇田川町が動き出す(2015-4-9) »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 江戸しぐさ発祥の地から(2015-04-06) | トップページ | 宇田川町が動き出す(2015-4-9) »