« 目黒区議選の読み方(2015-4-22) | トップページ | 目黒区議選の結果は若い女性への期待か(2015-5-1) »

目黒区議選の結果から(2015-4-27)

東京の区議会議員選挙の結果が出た。全体としての評価はいろいろ出るだろうが、目黒区議選で注目すべきことを何点か。

まず投票率。もともと低投票率であり、今回も前回を下回る懸念があったが、期日前投票が大きく増え、結果として39.32%と前回を0.39%上回った。総投票数は86,264票で前回を3,192票上回っている。そのせいもあって、当選ラインが1,400票となった。

政党別の当選者は自民が13人で1議席減、公明6人、共産5人で共産が1議席増となったが、公明・共産の両党の全員当選はほぼ確実と見ていた。民主は先の衆議院選での得票数から5人の全員当選は固いと見たが、結果は3人に議席を減らした。

落選された方を含む政党の得票数でみると、自民27,897票、共産11,685票、公明10,163票、民主8,978票で共産が第2党となる。一方、主要4党以外の候補者の得票数は21,943票で獲得議席数は9議席。政策に違いはあるが、自民に次ぐ勢力となる。

当選された維新と無所属の新人の方々は、小沢あい、山本ひろ子、たぞえ麻友、竹村ゆういの各氏。分裂したみんなの党の立場に近いようで全員30代と若い。

自民党の4人の新人議員のうち女性は3人。目黒区議会全議員36人中15人が女性という構成になり、改選前の10人から5人増える。これで女性議員比率は41.6%。目黒区民はちょっと自慢できるのかもしれない。

訂正:上記について、主要4党以外の候補者の得票数は25860票でした。お詫びして訂正します。

|
|

« 目黒区議選の読み方(2015-4-22) | トップページ | 目黒区議選の結果は若い女性への期待か(2015-5-1) »

地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 目黒区議選の読み方(2015-4-22) | トップページ | 目黒区議選の結果は若い女性への期待か(2015-5-1) »