« 目黒川の桜も開花!(2015-03-24) | トップページ | 渋谷区長選挙の動向(2015-04-03) »

神泉が動き出すか(2015-03-27)

渋谷駅周辺地域の再開発で、3年後の2018年には東横線線路跡に地上35階のホテルを含む商業ビルが完成し、2019年に東急プラザ渋谷跡に空港リムジンバスの発着場や観光支援施設をもつ地上18階のビルができる。そして2020年には、渋谷駅東口に地上34階のヒカリエより更に高層の地上46階建てのビルが登場し、桜丘地区の再開発ビル群も竣工の運びとなっている。
渋谷の重心が国道246号線の南側、恵比寿方向に傾いてしまいそうなのである。

日本全体の人口が減少傾向にあり、しかも東京一極集中にならないようにという中、渋谷の街の賑わいをいかに維持するかの課題がある。同時に、建物の高層化によって渋谷全体で拡大する事務所スペース、店舗スペースがどう埋められるのかも気になるところである。

渋谷の再開発は、区役所からパルコ・東急ハンズにかけてのエリアでも計画されている。一方で、渋谷の原点ともいえる道玄坂から円山町にかけてのエリアが、相対的に注目度が落ちていることは否めない。

そのような背景からか、神泉駅周辺の3つの地域社会が合同で、道玄坂上交番から旧山手通りの神泉駅入口交差点までの通りの名前を募集する。この通りは円山花街があったことから、検番通りとか三業通りとか呼ばれ、現在は神泉仲通りと呼ぶようではあるが、その知名度は低い。

住宅地の谷間の商店街でもある湾曲する坂道で、下町的な風情がある。歩道はないが一方通行で通る車は少ない。個性ある小規模の店ばかりで、チェーン店とは無縁。とはいっても昔ながらの老舗があるわけでもなく、新しいスタイルの飲食店が目立つ。

渋谷マークシティの道玄坂上の出口からだと坂道を登ることなく、ちょっと違う雰囲気の渋谷。

○○通りか○○街か、あるいは○○ストリートや○○ロードになるのか。その道の専門家が多そうな街だけに楽しみである。
150426


|
|

« 目黒川の桜も開花!(2015-03-24) | トップページ | 渋谷区長選挙の動向(2015-04-03) »

松涛・神山町・神泉町」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 目黒川の桜も開花!(2015-03-24) | トップページ | 渋谷区長選挙の動向(2015-04-03) »