« メディアと地域社会についての雑感(2015-03-07) | トップページ | 地域包括ケアを考える(2015-03-12) »

区議選での各党の予想される訴え(2015-03-09)

4月の区議会議員選挙で各候補者がどんな訴えをするのか。理屈では以下のようになことではないかと思うのだが、各候補者とも、微妙に違う政治的立場をあいまいにし、情に訴える作戦になるのだろう。

自民
アベノミクスで区の税収も大きく増えました。私たちは都議会とも一緒になり、真剣に目黒区の財政を考えます。区としてできること、できないことを知っているのが組織としての自民党です。地域社会に密着して、地域の声を確実に行政に伝え、実現させることができるのは、責任政党自民党だけです。

公明
安倍政権のよいところを支え、問題のある点は指摘し変えさせるのが公明党の役割です。
福祉の分野に強い政党として「地域包括ケアシステム」を進めます。子ども・子育て支援新制度の実施など子育て支援を充実させます。

民主
政権を担わせていただきましたが、結果として期待を裏切ることになってしまったことは深く反省しております。しかし、政権を担当させていただいた経験と、その反省を糧として、再び政権交代を担う政党としての自覚をもって一歩ずつ進んでまいります。
「生活起点」「地域起点」という2つの柱を掲げ、その具体化を区議会を通じて実現してまいります。

共産
安倍首相は「この道しかない」と言いますが、安倍政権の暴走政治の行き着く先に「希望」や「明るい展望」があるでしょうか。安倍政権の暴走を止められるのは共産党だけです。共産党が大きく伸びれば間違いなく安倍政権への打撃になります。「区議会のことは分からない」「区民になったばっかりだし、いつ出ていくか分からない」という、そんなかたも、この選挙は区議会だけの問題ではないとして、是非投票所に足を運んでください。

無所属
党組織や国会議員の応援を得ている政党議員ばかりでよいのでしょうか。無所属はいうまでもなく政党ではありません。地域社会を担うのは政党ではなく、区民の皆様に支えられた議員一人一人です。もちろん無所属の候補はそれぞれ考え方が違います。無所属であることの事情もさまざまです。是非、私がこれまでしてきたことを見ていただき、皆さんと一緒に区に働きかけさせてください。

|
|

« メディアと地域社会についての雑感(2015-03-07) | トップページ | 地域包括ケアを考える(2015-03-12) »

地域社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メディアと地域社会についての雑感(2015-03-07) | トップページ | 地域包括ケアを考える(2015-03-12) »